竜ヶ岳【山梨県富士河口湖町】~夕刻の赤富士の眺め~

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2016年04月19日 (火)~2016年04月19日 (火)
メンバー
天候
快晴
コースタイム
本栖湖キャンプ場(30分)あずま屋(25分)竜ヶ岳山頂(60分)本栖湖キャンプ場

急ぎ足です。本来は約2時間で山頂。
コース状況
【本栖湖キャンプ場~あずまや】
キャンプ場の登山口からあずまやまでは階段などで整備されていて歩き易い。傾斜も比較的緩い。

【石仏~竜ヶ岳】
ササに覆われているが、歩き易いようにしっかり刈られている。目が回るくらい(?)のつづら折れ繰り返しで山頂へ。終始富士山の展望が抜群。

往復約8キロ。本栖湖キャンプ場の標高が約900mなので600mほど登っている。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

三つ峠からの帰り道。車窓から見える富士山がとてもきれい。

時刻は16時過ぎ。精進湖の横を走行中。

富士山の西側だから、もしかしたら夕陽に染まる赤い富士山が見えるんじゃないかなぁ。

どうせなら山の上から見たいなぁ。

そんな思考を巡らせているうちに富士山の好展望の山、竜ヶ岳(りゅうがたけ)に登っていました。

竜ヶ岳は標高1,485m。竜ヶ岳は雨ヶ岳や毛無山などとセットで登りたかったですが、今回は時間がなかったので、調べて見つけた本栖湖キャンプ場から登り始めました。

登り始めたのは16時半。決して推奨される時間ではないですが、日没は18時30分。明るいうちに竜ヶ岳の山頂を踏み、ちょうど富士山に夕陽が当たる感じで降りてこられると予想して、アタックザックにヘッデン、救急用品、水の最小限の装備だけを詰め込んで、急ぎ足で駆け抜けました。

赤富士は本来、朝焼けに染まって見えるものらしいですが、夕陽でも思った以上に赤く染まった富士山が拝めました。

山自体は歩き易く、展望も非常にいいので初心者にオススメのコースですが、色んな条件を巡らせてちょっとチャレンジしてみると、いつもとは違った景色があるかもしれませんよ。

三つ峠でのクライミング研修の帰りだったので、全く登山をするつもりはなかったのですが、やっぱり歩く(走る)のが好きなのかな。

そういえば夏鳥が来てますね。三つ峠でツツドリ、竜ヶ岳でセンダイムシクイ。楽しみな季節になりました。

フォトギャラリー

上出来の赤富士。

本栖湖キャンプ場からスタート。

キャンプ場を抜け一旦道路を横切る。

15分ほど歩いて登山口。

傾斜も緩く、整備されて歩き易い。

最初の富士山の展望があるベンチ。ここから一旦下る。

登り返し辺りからササに覆われ始める。

あずまやがある場所から竜ヶ岳と石仏(手前の小屋みたいのにお地蔵さんがいる)。

さっきまでいた御坂山塊方面。

富士山と青木ヶ原樹海。雪少ないです。

広い竜ヶ岳の山頂。まだ明るい(実際はもっと暗いので、下山時はWBを変えています)

南には雨ヶ岳が見える。

だんだん赤くなる富士山。時刻は18時過ぎ。竜が岳の影が延びている。

日が沈み大地赤く染まる。

月見守る日本の象徴。

最初のベンチのある所から本栖湖が見えていたことを帰りに気付く。

暗くなる前に帰還。

三つ峠から見た富士山。日中は雲の中でした。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部