六甲最高峰 (西お多福山~最高峰)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2016年08月02日 (火)~2016年08月02日 (火)
メンバー
天候
晴れ
コースタイム
白鶴美術館-10分-住吉道登山口-15分-石切道分岐-5分-五助ダム-15分-西お多福山分岐-40分-西お多福山-20分-六甲最高峰-20分-本庄橋跡-20分-西お多福山分岐-10分-五助ダム-20分-エクセル東(東灘区住吉台の住宅地のバス停)
コース状況
危険個所:特になし。
西お多福山の山頂手前は、膝丈(所により胸まで)の高さで笹が生い茂っています。
ハーフパンツなどで肌を露出するスタイルの方は、ロングスパッツなどあると◎です。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

最近、休日はもっぱら10ヶ月になる息子の育児を楽しんでいるのですが、たまに“空き時間”が出来ると、ここぞとばかりにトレイルを走っております。
神戸も連日猛暑が続いていますが、標高900mともなると束の間の涼しさを感じることが出来るはず。ということで、自宅からアプローチできる住吉道を利用して行ってきました。

慣れた山でも油断は禁物。この時期は水分、エネルギー補給がとても重要です。
アミノ系、クエン酸系など、いろいろなサプリメントがありますが、意外と忘れがちなのがエネルギー系。夏の低山は消費カロリーが半端無いため、いとも簡単にハンガーノックを起こしてしまいます。
補給時には、水分だけでなく、エネルギー補給も意識して登りたいですね。

また今回は、ミレーのドライナミックメッシュアンダーを着用しました。
2枚目にはポリエステルのTシャツをレイヤリングしましたが、大量の汗を掻きながらもTシャツが体に貼りつかず、通気性もあり快適に行動できました。

フォトギャラリー

気持ち良いシングルトラック。

住吉台の住宅地を抜けてトレイルへ。

石切道、打越山方面との分岐。

間もなく五助ダム

住吉道の歴史を感じる石畳。

西お多福山分岐すぐに沢を渡ります。

笹が出てきました。

そのうち膝まで(所により胸まで)かぶさります。

きつい登りを振り返ると、ほら、街と海だよ。

登山道を整備されている方々に感謝です。

西お多福山を経て最高峰へ。

ボディーブローのように効いてくる緩い階段。

最高峰キターーー。(正確には何とか来れたー。)

本庄橋跡を経て

雨ヶ峠手前で分岐を住吉・御影方面へ

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部