八ヶ岳 小同心クラック~横岳~硫黄岳 &南沢小滝

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
サイド 真博
名古屋栄店 店舗詳細をみる
日程
2017年01月31日 (火)~2017年02月01日 (水)
メンバー
他1名
天候
晴れ
コースタイム
美濃戸口(180)赤岳鉱泉(100)大同心稜経由 小同心クラック取付(140)小同心頭(50)横岳山頂(45)硫黄岳山頂(60?)赤岳鉱泉

赤岳鉱泉(40)行者小屋(60)南沢小滝(80)美濃戸口
コース状況
前日の降雪のため壁全体に雪がびっしり付着していた。
 
トレースがあったためラッセルはほとんど無し。

北沢、南沢ともに積雪は例年より少ない。
難易度
Google Map
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 新商品続々入荷中!

感想コメント

八ヶ岳 横岳西壁のバリエーションルートのひとつ、小同心クラックを登りました。

クラックと言ってもチムニーサイズなので遠くからでもルートがはっきり見えます。
 


アプローチは大同心稜が一般的ですが、裏同心ルンゼや大同心大滝からの継続もよくされています。
 

小同心クラック自体は3ピッチ、プロテクションはハンガーやハーケンがあるらしいですが、今回は壁が雪まみれだったので、ビレイ点以外がナチュラルプロテクション主体になりました。

 
小同心の頭からは横岳主峰基部へコンテで移動し1Pのクライミングで山頂に出ます。
ピッチグレードは多分Ⅲ+くらいですが、プロテクションが取りにくいので少し緊張します。

 


その後、時間と体力に余裕があったので硫黄岳まで縦走しました。

景色が良く、遠くの山々を眺めながらの縦走はとても気持ちの良いものでした。

 
硫黄岳からの下りは上部に雪崩そうな斜面がある以外、特に危険個所はありませんが、意外と長かったです。 


 

赤岳鉱泉でテント泊し、2日目は南沢小滝でアイスクライミング。
腕がヨレるまで登りこみました。 

 

天気とパートナーに恵まれ、充実の2日間でした。

フォトギャラリー

小同心クラック3P目

中央の黒い筋が小同心クラック

アプローチルートの大同心稜へ

左が大同心、右が小同心

大同心基部から小同心へトラバース。ここはコンテで行きます。

1P目

1P目ビレイ点から見下ろす。

2P目。右の凹角を登ります。

2P目ビレイ点より。チムニーが楽しいです。

3P目で小同心の頭まで。 横岳主峰を目指します。

横岳山頂

硫黄岳

硫黄岳へ縦走

硫黄岳山頂

南沢小滝

南沢大滝。 でかい!

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 新商品続々入荷中!