大峰の展望台 観音峰

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
つじまい(おとな女子登山部)
なんば店 店舗詳細をみる
日程
2017年02月25日 (土)~2017年02月25日 (土)
メンバー
天候
くもりのち晴れ
コースタイム
07:12出発
観音峰山登山口→(85分)→観音峰展望台→(75分)→観音峰山→(22分)→観音峰展望台→(66分)→観音峰山登山口
11:33到着
合計距離: 5.47km
標高差: 508m
コース状況
虻(あぶ)トンネル東出口に無料の駐車場があり
観音峰への登山口となっており、トイレ・休憩所あり
積雪期は軽アイゼン必要。
難易度
Google Map
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 夏物ウェアクリアランス

感想コメント

観音峰(1348m)は奈良県天川村に位置し、大峰山脈北部を一望する展望の山として人気があります。
特に積雪期は、奈良交通さんから「霧氷バス」が臨時運行しており(今年はもう終了しました)、雪山初心者の方でも気軽に訪れることができます。

雪は先日の暖かい雨でかなり溶けてしまっただろうと予想していましたが、白い稲村ヶ岳が見たく行ってきました。
虻トンネルを出てすぐに観音峰登山口があります。
御手洗渓谷にかかる吊橋をわたって出発です。
登山道のかたわらには南朝の歴史をしるしたレリーフがあり、観音峰山頂まで随所に設置されています。
「南朝ロマンの小径」と称されおり、すぐそこの岩で後醍醐天皇が身を潜めていたのかと思うとドキドキしました。

よい休憩場所になる観音平を過ぎて少し登ると展望台です。
この時は空がくもっていたので、そのまま通り過ぎて観音峰山頂へ向かいました。

途中で、スマートフォンをうっかり谷へ滑り落としてしまうアクシデントが発生。
ここで初めてアイゼンをつけて探しにいきましたが、無事に見つかりました。

観音峰山頂付近では霧氷がついており、それはとても素晴らしかったです。
お会いした方に、谷底までスマホを探しに行ったと話すととても驚かれました。

土曜日なので、登山者もちらほら見られ、雪あったかアイゼンいるか、とよく聞かれました。
個人的には、聞かないほうが楽しいけどな~(^^;)と、思ってしまいます。
さておき、展望台にもどるとお天気がよくなり、大峰を360度見渡す展望でした。
くるくるまわって、何度も写真を撮ってしまいます。
真っ白になった稲村ヶ岳は特に素晴らしく、来てよかったと思いました。
ポカポカしてじっとしていても寒くなく、春の気配を感じました。

フォトギャラリー

稲村ヶ岳の展望!

駐車場を出発

地面はうっすら雪

水場あります

南北朝時代の歴史

皇室もお越しになられたのしょうか。

きれいな休憩処

観音平はとても気持ちがよいです

岩に短歌が

日当たりよくて雪が無いです

展望台を過ぎると雪に

霧氷が出てきました

きれい

観音峰山頂です

何度も見上げてしまう

観音峰展望台

弥山・八経方面

稲村ヶ岳・バリゴヤ方面

金剛&葛城

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 夏物ウェアクリアランス