湖西連峰“半”縦走

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2014年06月20日 (金)~2014年06月20日 (金)
メンバー
天候
晴れ
コースタイム
梅田親水公園-(15分)-梅田峠-(45分)-神石山山頂-(40分)- 
多米(ため)峠-(50分)-大知波(おおちば)峠-(30分)- 
おちばの里親水公園-(50分)-知波田(ちばた)駅-(天竜浜名湖鉄道20分乗車)-新所原駅-(20分)-梅田親水公園
コース状況
全体的に案内看板が良く整備されています。ただしルート上には分岐も多いので、進む方向をしっかり確認しながら歩く必要があります。湖西市観光協会が発行している「湖西連峰ハイキングマップ」を持っていった方が良いでしょう。
途中で出てくる、展望がきく岩などにあえて登らなければ、ルート上に通過が難しい箇所は特にないと思います。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

浜名湖の西側、静岡県と愛知県の県境にまたがる湖西連峰。300~400mほどの低山が、南北に連なっています。道も良く整備され、ハイキングコースとして、また浜名湖の好展望地として、地元の人々に愛されている山です。
静岡県側、愛知県側双方からたくさんのルートが整備されているので、時間や体力と相談しながら、どこを歩き、どこを目指すのか、色々なプランが組み立てられるのがこの山の魅力でもあります。
今回は静岡県側の湖西市梅田親水公園から歩き始め、北へ向かって、連峰の尾根を全体の半分ほど縦走し、最後は電車を使って戻ってくるという、グルッと周遊できるコースをとりました。周遊登山は最後まで飽きませんし、途中には浜名湖を見下ろせる展望地や、平安時代に栄えた寺の跡など、様々な見所もあります。空気の澄んだ冬の晴れた日には、富士山と浜名湖、あるいは太平洋を同時に見ることができ、その景色はなかなか貴重なものですよ♪最後には、浜松市民でもなかなか乗る機会のないローカル電車、天竜浜名湖鉄道(通称:天浜線)で帰ってくるのも、このルートの醍醐味です。
深山の雰囲気こそありませんが、見所が多く、豊かな自然が残るこの山並みを、のんびり歩いてみませんか?

フォトギャラリー

梅田親水公園に車を停め、出発です。

15分ほど歩くと梅田峠に着きます。ここで縦走路に乗ります。

南方面。所々、このような展望が得られます。天気はいいのですが、やはり6月。霞がかかっています。

道はよく整備され、歩きやすいです。

一等三角点の神石山。連峰南部の主峰的存在と言えるでしょう。

ベンチも整備され、南東方面の展望がききます。ここで折り返す人も多いですが、今回は更に先へ進みます。

雨やどり岩。大きな岩ですが、雨やどりはちょっと厳しいかも。

時間がない場合は、中尾根を下っていくと、知波田(ちばた)駅へのショートカットになります。今回は縦走路を更に北へ、多米(ため)峠方面へ。

自然豊かな森をのんびり歩きます。

多米峠。ここも県境で、下には車道のトンネルが通っています。

大知波(おおちば)峠に着きました。今回の縦走はここまでです。ただ、この峠は広々としており、展望もきくので、のんびりとしていきましょう。

この峠は、湖西と愛知県の豊川を結ぶ古道・豊川道が横切っており、旅人の往来も盛んだったといいます。旅の安全を見守るお地蔵様の復元でしょうか?

また、ここには平安時代に栄えたお寺があったそうです。

現在は、礎石の一部がわずかに残るのみですが、往時の姿を伝えています。

この峠も、浜名湖の好展望地。しかし、この時期は、やはり霞がかかってしまいます。肉眼では浜名湖が見えるんですが・・・。

峠からは、豊川道を湖西側に降りていきます。

おちばの里親水公園。ここも広い駐車場があるので、大知波峠付近のハイキングなら、ここに車を停めるのがいいでしょう。

豊川道の案内と、目印となる一本杉。この付近から車道歩きになるので、車に注意!

おちばの里親水公園から50分ほど歩くと、知波田駅に到着です。建物が歯医者さんと一体になっている、ちょっと変わった駅です。

一両編成の、まるでバスのような可愛い天浜線。これに乗って新所原駅に向かい、そこから20分ほど歩けば、梅田親水公園に戻れます。お疲れ様でした!

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部