紅葉の御嶽山~五の池小屋に泊まりに~

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
本社 荻野 なずな(おとな女子登山部)
日程
2017年10月09日 (月)~2017年10月10日 (火)
メンバー
あやや(おとな女子登山部)
天候
晴れ
コースタイム
①御嶽山ロープウェイ(10分)行場山荘(50分)女人堂(120分)五の池小屋(泊)
②五の池小屋(120分)女人堂(40分)御嶽山ロープウェイ
コース状況
幻の滝の水量が多い時はご注意。
よく整備してあって歩きやすい。
【トイレ】
ロープウェイ
行者山荘
女人堂
三ノ池避難小屋
五の池小屋
※ロープウェイ以外は、協力金¥100必要です。
難易度
Google Map

感想コメント

昨年の冬にチャオ御岳に遊びに来たとき、出合ったお姉さま達に「五の池小屋はイイから絶対行った方がイイ」と教えて頂き、「じゃあ、我々も夏、行こう!」となっていたのですが、残念ながら天候不順により頓挫。

「紅葉の時期にリベンジじゃ」で、今回を迎えました。

お天気にも恵まれ、早々に五の池小屋に到着。
夕食に、名物のピザを予約し、小腹が減ったのでおやつに。
ビールを飲みながら準備してると、なんか見たことのあるお顔の方が・・・。

「ファッ!?」

何と、あの時のお姉さま達と偶然の、、、いや奇跡の再会を果たしてしまいました。
「いやぁ、ほんと御嶽山ってすごいね。」そんな会話をしました。

翌日は、「早起きして継子岳でご来光計画」があったのですが、一面のガスと風により、断念して二度寝。
朝食を食べ、摩利支天山を目指し出発したものの、稜線はガスと強風が予想されるので引き換えし、来た美道を下山しました。

また来よう、御嶽山。
お姉さまたち、またどこかで。

フォトギャラリー

どんぴしゃ

いってきまーす

名物力餅を差し置いて、心太をオーダーするB型荻野

ご満悦のようです

ピグモンか。

女人堂から山頂

三の池経由のコースで五の池小屋まで

これから歩く道

「ビューティフォージャパーン」と言いました

母なる大地に敬意を込めて

「使えそうな素材を撮っておこう」まじめか

あやや大絶賛のお豆さんメニュー

薪ストーブ!!

清潔で明るく、快適でした。

小屋の裏が飛騨山頂

ロケーションはばっちグー

薪ストーブで1枚づつ焼いてくれます。生地はスタッフのさえちゃんが捏ねたモノだそうです。

目がぁ~、目がぁ~

「秋」のイメージに使えそうな写真を撮っておこう。」まじめか

幻の大滝。実は色々スゴイ滝でした

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部