鎌ヶ岳(三重県)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
中村 祥吾
グランフロント大阪店 店舗詳細をみる
日程
2018年04月12日 (木)~2018年04月12日 (木)
メンバー
グランフロント大阪店:中村
その他1名
天候
晴れ
コースタイム
駐車場(45分)登山口(30分)水沢峠(20分)水沢岳(60分)岳峠(15分)鎌ヶ岳山頂(カズラ谷経由60分)駐車場
コース状況
比較的歩き易い道ですが、一部岩場歩きがあります。
ハイカットの登山靴をオススメします。
難易度
Google Map
  • 好日山荘 2018 夏物ウェアクリアランスセール
  • 好日山荘WebShopお買得商品

感想コメント

鈴鹿セブンマウンテンの一座に数えられている鎌ヶ岳へ行ってきました。
武平峠からのルートがもっとも一般的なルートになりますが、今回は宮妻キャンプ場から水沢岳を通り鎌ヶ岳へ登頂し、下山はカズラ谷経由のルートを歩きました。

宮妻渓谷からは通常であればキャンプ場まで車の乗り入れができるのですが、現在台風被害により、手前の駐車場までしか入山が出来なくなっています。
登山口まではひたすらアスファルトの道を1時間弱歩くことになります。

登山口からは強い傾斜の道を水沢岳まで登り続けます。水沢岳まで上がると展望が開け、鈴鹿山脈縦走のルートにもなっています。水沢岳から先は鎌尾根と呼ばれる岩場歩きが始まります。三点支持を心掛け、確実に歩いて下さい。
カズラ谷との分岐まで一気に下れば、あとは風化の進む鎌ヶ岳南東側を山頂まで上がります。
山頂は開かれており、展望も良く効く山頂です。

平日のため人は少ないだろうと思っていましたが、ルートによっては短時間で上がれるためか多くの登山者で賑わっていました。やや風が冷たかったため、昼食もそこそこに岳峠へ引き返し、カズラ谷を経由して駐車場まで一気に下りました。
ミツバツツジがすでに満開で、今年は花期が早くやってきているのを再確認する事が出来ました。

フォトギャラリー

車はここまで

林道を詰めた先に登山口

道は荒れまくり

高度を上げます

水沢峠

水沢岳

先に目指す鎌ヶ岳が見えます

キノコ岩周辺

鎌尾根

この記事を見た人は次の記事も見ています

あなたへのおすすめ

おすすめアイテム
  • 好日山荘 2018 夏物ウェアクリアランスセール
  • 好日山荘WebShopお買得商品