巻機山の佳渓 ヌクビ沢支流三嵓沢右俣遡行(登川水系)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
伊藤 岳彦
横浜西口店 店舗詳細をみる
日程
2018年09月03日 (月)~
メンバー
単独行
天候
コースタイム
桜坂駐車場(25分)割引沢渡渉点(60分)ヌクビ沢出合(30分)三嵓沢出合(30分)二俣(105分)井戸尾根登山道(80分)桜坂駐車場
コース状況
※ 本文をご参照ください
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント




三嵓沢右俣



越後の名山・巻機山の沢と言えば、米子こめこがとても有名ですが、表参道と言える井戸尾根を挟んで、南西側には、割引われめき沢とその支流ヌクビ沢があります。
今回訪れたのは、ヌクビ沢のさらに支流となる三嵓みつくら
ナメ滝と小滝の続く初級レベルの渓ですが、前半部で名のある美瀑を交えながら、変化に富んだ日帰り遡行を満喫することができます。
台風が近づく9月初旬、ちょっと詰めが大変でしたが、開豁な渓歩きを楽しんできました。



閑散とした桜坂駐車場を昼前に出発し、ぬかるんだ登山道で割引沢の渡渉点まで。


 ↑ 渡渉点

この先も沢沿いの登山道がありますが、昨今訪れる方はあまり多くはないでしょう。
渡渉点で沢装備を身に着け、本日も遡行開始。
上越らしい開豁な渓を目にすると、心が躍ります。






 ↑ 米子沢にも劣らぬ渓相です

連続するナメ床を越えていくと、大釜をもった2段8m滝へ。


 ↑ 2段8m滝

右岸登山道で容易に巻くことができます。


 ↑ 吹上ノ滝手前の淵

この淵は突っ込まず、右から簡単に越えられます。


 ↑ 吹上ノ滝10m

最初の名のある滝は、吹上ノ滝10m
左岸に草付きスラブが明るく開けており、水流右を快適に登ることができます。


 ↑ 凹角の流れ

凹角の流れが25mほど続きますが、無理に突っ張る必要はありません。
途中登山道が沢を横切っていました。


 ↑ ここが登山道

この先で渓は右に曲がり、立派なアイガメの滝が現れます。








 ↑ アイガメの滝20m

この滝は2段滝。水流右から取り付きくと、大釜が現れます。
“アイガメ”というと我々は登山靴のパーツを連想してしまいますが、おそらく藍の甕かめを意味するのでしょう。
大釜を横切り、水流左に横断してから直上することで突破。
ここも右岸に明確な登山道があるので、巻きは容易です。


 ↑ これが藍甕あいがめなんですね

アイガメの滝を越えると、しばらくは平凡な渓相。
正面に迫力ある天狗岩を望むことができます。




 ↑ 天狗岩を望みながら

やがて二俣。左が割引沢、右がヌクビ沢です。


 ↑ 二俣


 ↑ 割引沢方面


 ↑ 分岐に案内あります


 ↑ ヌクビ沢に入ります

少し傾斜がキツくなりますが、特に難しいところはありません。


 ↑ 下山道あります

この巻道を使えば、入渓点まで50分ほどで戻ることができます。
やがて次なるハイライト、布干岩へ。








 ↑ 布干岩

布干岩は4段30m滝。ここで渓は左に大きく曲がります。
乾いた部分を選んで、容易に歩いていくことができます。


 ↑ この先は平凡な渓相

やがて三嵓沢出合へ。左岸より3段滝で合流します。


 ↑ 三嵓沢出合

また、ヌクビ沢本流には行者の滝15mがかかっています。






 ↑ 行者の滝15m

左岸巻き道が登山道にもなっています。
行者の滝を見物したら、三嵓沢へ入ることにします。
ここからは小滝とナメ滝を快適に登っていくことができます。


 ↑ 三嵓沢へ


 ↑ 5m滝


 ↑ 次の5m滝




 ↑ 続いて3m滝

この先二俣までは、ナメ状の滝とナメ床が続きます。







 ↑ ナメ床が続きます


 ↑ 7m滝?

やがて二俣へ。左俣は出合に5m滝をかけ、巻機小屋付近に突き上げるとのこと。
右俣はニセ巻機山直下の草原に出る、とあります。


 ↑ 二俣


 ↑ 左俣出合の5m滝

ここは登山体系で紹介されているように、右俣へ進むことにします。



 ↑ 右俣にかかる8m滝


 ↑ 上流部のナメ床

徐々に水線が細くなり、最奥の二俣へ。
右俣の垂直滝が登りにくそうなので、左俣へ入りました。


 ↑ 最奥の二俣は左へ


 ↑ 源頭部へ


 ↑ 登路を振り返ります

振り返ると越後の美しい山並みを望むことができます。
最後は露岩帯と草付きの斜面へ。


 ↑ 水が枯れて草と岩の世界へ

ここからはトラバース気味に井戸尾根を目指します。


 ↑ なだらかに見えて勾配きついです

とにかく上を目指せば、藪漕ぎはなさそうですが、草付きの滑りやすい斜面の直上も結構大変。
水平移動の方がまだ楽に思えたので、藪漕ぎ覚悟でトラバースを継続することにしました。


 ↑ 結局激ヤブ漕ぎになりました


 ↑ 赤線を辿りました

藪と格闘すること15分ほどで、突然登山道へ。


 ↑ ウオー!道だ!

ここからはのんびりと井戸尾根を辿り、桜坂駐車場へ戻ることができます。



マイナーな渓ですが、三嵓沢はとても明るく開放的。
日帰り遡行ルートとして米子沢ほど長くはないので、時間のない方やトレーニング遡行に最適だと思いました。
詰めをどうするかで印象が変わるような気がしますが、巻機山の美しい草付き斜面を彷徨い歩くのも面白いものです。
巻機山の神髄は北側(裏巻機)にあるように思いますが、今回は三嵓沢で巻機山の新たな魅力に触れ、その素晴らしさを再確認させられました。


フォトギャラリー

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

横浜西口店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部