ナイトハイクで孤独を味わう 川苔山・棒ノ折山

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
細内 勇輔
アイム小倉店 店舗詳細をみる
日程
2019年01月10日 (木)~2019年01月10日 (木)
メンバー
単独
天候
晴れ
コースタイム
古里駅(80分)→赤久奈山(110分)→川苔山(60分)→日向沢ノ峰(90分)→長尾丸山(60分)→棒ノ折山(75分)→さわらびの湯
コース状況
雪はまだなかったです。凍結してツルツルする箇所もなし。倒木や崩落で通行時注意喚起の看板がいくつかあり、迂回するところも。
難易度
Google Map

感想コメント

登りはじめは少し変わった趣向にしたいと思い、仕事終わりにそのまま山に向かいました。
先日の登山では入れなかった『さわらびの湯』に入るというのが、今回の目的の半分。
できるなら一番風呂で入りたかったので、開店30分前には待っていようと思いました。

川苔山は人気の山で道も歩きやすいので、ナイトハイクにおすすめです。
ただ今回歩いたコースは道幅が狭くなっているところもあるので、これからの季節、凍結したら注意してください。

良好な天気と澄んだ空気で、見上げれば常に満天の星空が見えていました。
登山口のあたりでも十分綺麗に見えますので、天体観測にもおススメです。

入山直後、野生動物たちがたくさんお迎えしてくれて、けっこう怖かったです。
ライトを当てると遠くの方でいくつもの『目』が光を反射させます。
木の上にも『目』があります。
きっと鹿やムササビとかでしょうが、はっきりと正体がわからないとちょっと怖いですね。自分も山に入り、溶け込んでくれば徐々にその怖さに慣れていきます。

途中にトイレがないので携帯トイレを持って行くことをおススメします。
それと替えのヘッドランプもお忘れなく。

フォトギャラリー

古里駅。雰囲気良し

雰囲気良しその2。さぁ出発。

わかりやすい登山口で助かります。

道標も多く、わかりやすい。

こういう注意喚起の看板が連続してある場所も。

川苔山山頂。暗いから撮るものがない。

なんでも一番はいいことです。

霜柱が立派に育ってます。

ようやく夜が明けてきた。

ありがたやぁ~

陽が当たって木々も嬉しそうに見える。

棒ノ折山着きました~

記念撮影

遠くの方にスカイツリーが見えます。わかるかな?

狙い通り一番乗りで一番風呂は入れました♪

いいことありますように☆

糖分補給タイム

クライミングで〆。遊んだなぁ~

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム