厳冬期 錫杖岳 前衛壁3ルンゼ

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
つじまい(おとな女子登山部)
なんば店 店舗詳細をみる
日程
2019年02月17日 (日)~2019年02月17日 (日)
メンバー
つじまい
他1名
天候
雪のちくもり
コースタイム
一日目 槍見館近く駐車場→(150)→岩小屋
二日目 岩小屋→(60)→3ルンゼ取付き→(240)→3ルンゼのコル→(60)→懸垂3回で3ルンゼ取付き
コース状況
一日目雪が降り新雪を歩くが、先行者のトレースがあり岩小屋までのラッセルはなし。
二日目岩小屋から3ルンゼへ直登。雪は多い所で膝くらい埋まる。
Google Map

感想コメント

憧れの錫杖岳。
ウィンタークライミングの登竜門といわれる前衛壁3ルンゼに行ってきました。
もともと天気がよくない予報でしたが、二日目が悪くなさそうだったので、決行。

大阪朝出発で、11時半新穂高着。
2時間半のアプローチで岩小屋に到着。
先行パーティ1組で、岩のちょうどいいスペースがあいていました。
エアライズ2がぴったり(^^)

アプローチが短いから、夕食は豪華に。
ちなみに水は、途中の渡渉地点でとっておきました。

4時起き5時半出発。
前衛壁へは岩小屋から樹林帯を直登。トレースも残っており、ラッセルにはならなかったが、
朝イチの急登はしんどいです。

3ルンゼ取付きから、トポ上(F1/1ピッチ目)とされるⅢ級雪壁は、急登のラッセル。
雪崩に注意しながら、フリーで上がります
F2でロープを出しました。

1P 正面の大きな岩から左に入ってF2を登ります。スクリューも入りとても快適です。
  雪壁を登ると、右側の壁に残置ピトン×2。

2P チョックストーンを左抜け。
  厚み1~2cmほどのベルグラで、大きく剥がれアイスを落としてしまいました。
  リードだと、とてもこわいと思います。

3P チョックストーン手前でビレイ。
  トポには氷化したトンネルとあるが、そこまで発達しておらず、右足でアイスに蹴り込みながら、
  左足を張り・・といった感じでむりやりよじ登りました。抜けると気持ちいい。
  その上のF5は、快適で楽しいアイスクライミング。

4P 最後のチョックストーンは、一番の核心でした。
  右は氷が未発達で全く登れそうな気がしなかったので、人工で登られている左壁へ。
  リードのパートナーは一度フォールしたし、フォローの私もテンションかけまくりながらなんとか・・
  後続がお待ちだったので、死ぬ気でがんばりました。
  雪壁を上がっていき、3ルンゼコルの立ち木で終了。

1ピッチくらいは、リードしたい・・と思っていたのですが、実際に壁を目にすると、ちょっと無理でした。
チリ雪崩もこわかったです。
少しずつ、初見で対応できる技術を身に付けていこうと思います。

今回、あわよくば継続してグラスホッパーにも登りたかったのですが、次回のお楽しみです。 

フォトギャラリー

3ルンゼへ!!

クリヤ谷渡渉

岩小屋に到着

〇〇料理つじまいアレンジ

肉焼くつじまい

翌朝、岩小屋を出発

取付きの雪がとてもやっかい

雪壁を登る!

快適!楽しい!

ベルグラを登る!

仁王立ちのつじまい(疲れた・・)

トンネルくぐり

左の氷を登る!

左から抜ける!(悪い!)

終了

グラスホッパーがチラリ

懸垂で下ります

ルンゼの中から焼岳

晴れたね

左から1ルンゼ、2ルンゼ、3ルンゼ

この記事を見た人は次の記事も見ています

あなたへのおすすめ

おすすめアイテム