家族登山 乗鞍富士見岳

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
家田 森
調布パルコ店 店舗詳細をみる
日程
2019年08月22日 (木)~2019年08月22日 (木)
メンバー
一周目:家田、息子 (途中まで妻、妹、義父、義兄、妹)
二週目:家田、父、妹
天候
コースタイム
一周目:畳平バスターミナル(0:30)富士見岳への分岐(0:10)富士見岳(0:30)バスターミナル
二週目:畳平バスターミナル(0:20)富士見岳への分岐(0:10)富士見岳(0:20)バスターミナル

実働時間:2時間
コース状況
コースはよく整備されていて歩きやすく、特に危険箇所もなし。稜線に出ると風は吹きっさらし。今回視界はほとんどなかったが、それでも迷いやすい箇所は特になさそう。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

 一昨年には、家族四人と僕の両親と妹、嫁の両親と義兄と総勢10人で立山室堂に泊まり、雄山へ子供を是非登らせたいと望むも悪天で叶わず。で、立山もまた行きたいがいかんせんコストが高くつく。そこで今度は少しコストは抑え目で日本100名山の一つでもあり、3000m峰でも難易度が一番低い乗鞍剣ヶ峰へ、子供たちを連れて行きたいと考え。
 僕自身は10年程前、旧友と二人で雪の時期、乗鞍高原から途中までリフト使って、肩の小屋経由で乗鞍岳剣ヶ峰に登頂はしているものの。まだ無雪期を知らず、畳平へも行ったことがなかったので、僕自身も畳平から剣ヶ峰へ登ってみたかったこともあり。
 一昨年と同じメンバーで、10年前と同じ休暇村乗鞍高原に泊まり、いざ、初の3000m峰へ。普段は高尾山ばかりしか連れて行けていないので、さぞかし目を輝かせてもらえるだろうと夢想したのですが。

 週間予報が出るあたりから少しづつ予報が悪くなり。それでも、一片でも3000峰の景色を拝ませたいと願うも、叶いませんでした。僕自身は晴れ男のつもりなんですけどねぇ。
 ありがたいことにウチは両家の両親の仲も良く、家族サービスも兼ねて(費用は少し援助してもらいつつ)いたので、子供達も親達も、悪天もひっくるめて楽しんで貰えたようなので良かったかなと。

 山は逃げない、また来れば良い、とよく言います。もちろんそう思いますし、無理はもっといけないと思うのは間違いないのですが。ただ、『今の』息子と娘に、小さいうちに何とか山の素晴らしい景色を見て貰いたいと思い。そうすると、立山も乗鞍も、そう何度もポンポン行けるようなところでもないので、なかなか気軽に『また来ればよい』とは思えなかったりもしてしまうのですが。せめて『来て楽しかった』と思ってもらえるよう、楽しみ方も色々あるはずなので、そこでいかに楽しんで貰えるかも腕の見せ所でありましょう。

フォトギャラリー

畳平へ向かうバス車中より、乗鞍岳剣ヶ峰。雨天ではあったが、回復を期待してのぞみます。

土砂降りのバスターミナル。好転を期待しつつ、高度順応を兼ねて1時間ほど待機です。

とりあえず肩の小屋まで進もうと、前進を開始します。

富士見岳への分岐。視界は無く、風は冷たく…

下の娘が冷え切ってしまい、テンションダウン。ギブアップして林道でバスターミナルに帰ることに。

上の息子はまだ元気だったのでせめてピークは踏ませたいと、二人で、ただ剣ヶ峰は諦め富士見岳へ転進。

晴れていたらさぞかし気持ち良さそうなのですが…

富士見岳ピーク。一応初の3000m(切るけど)峰。ここも絶好の展望の筈なんですが。

花の見頃には遅かったようですが、コマクサは少し咲いていました。

登山道から林道へ下りる。何も見えません。

そのすぐ先に大黒岳への登り口があります。見えませんが。

濃霧の畳平バスターミナルへ帰還。

父と妹も行きたいと、二週目。一瞬でもいいから、雲が切れて晴れ間が覗く事を淡く期待して同行です。

林道へ出る階段。雨はみぞれっぽくなってきました。

この日二度目の富士見岳。

雷鳥発見!真ん中大きな岩の左手にいるのですが。さすが保護色。良く見えないですね。

今度は鶴ヶ池も見えました。

翌日行った善次郎の滝。かなり増水していて、展望台に立つだけで飛沫でずぶ濡れ。

でも滝壺まで行って打たれてくるのは悪い性でしょうか。

滝の近くからの剣ヶ峰。子供達もまた来たいと言ってくれたので、何とか工面して機会を作りたいです。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

調布パルコ店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部