八ヶ岳 まだ雪の少ないジョウゴ沢と裏同心ルンゼ

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
唐嶋章弘
コマーシャルモール博多店 店舗詳細をみる
日程
2020年12月14日 (月)~2020年12月15日 (火)
メンバー
他1名
天候
稜線は暴風
コースタイム
8:00 美濃戸口
11:00 赤岳鉱泉
〜テント設営〜
13:30 ジョウゴ沢へ出発
14:00 F1
15:00 F2
15:22 ゴルジュ前で引き返し
〜F2にてトップロープ〜
17:10 赤岳鉱泉

【2日目】
8:30 赤岳鉱泉
8:40 裏同心出会い
9:00 F1
13:10 大同心基部
13:30 大同心稜 下山
14:20 赤岳鉱泉にて撤収作業
15:20 赤岳鉱泉 出発
17:00 美濃戸口
コース状況
寒波の影響で、なんとか雪が積もりました。
美濃戸登山口〜赤岳鉱泉の登山道には、一部凍結箇所あります。
チェーンアイゼン必須です。
難易度
Google Map GPSファイル
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

今年の2月に、八ヶ岳で初めてアイスクライミングをした時は、
雪が多く、滝が埋まっており、少し残念だった記憶があります。


雪の少ない状態の滝を見たいということで
日々、赤岳山荘の情報を参考にしながら、シーズンインと同時に滑り込みました。

天気予報と実感からすると、この日から、寒波が入ったようです。
歩くにつれて、新雪がどんどん積もっていきました。

【1日目】
美濃戸登山口〜赤岳鉱泉テント〜ジョウゴ沢


登山口までの道路状況や、重い荷物で、
赤岳鉱泉到着後のテント設置までに大幅に遅れを取りました。
赤岳山荘までの林道は、一部凍結し、どうしても滑る箇所があったので、チェーンアイゼンを装着し歩きました。

テント設営後、とりあえず状況を見にいくと打ち合わせし、テントを13時頃に出発。
F1は、はっきりと巻道ができていたので、パスし、
F2を登攀。簡単そうなラインはわかりますが、まだ凍結が甘く、場所によっては叩くと水が吹き出てくる状態です。
安定しそうな場所を選びながらのクライミングとなりました。

その後、簡単な滝を超えて、30分ほど歩き、ゴルジュ帯に入るタイミングで、時間の限界を超えそうでした。
無理に進むことはせず、引き返して、F2にトップロープを張り、リードではできないラインを試したりと、存分に遊んで、暗くなる頃テントに戻りました。

夜ご飯は、ステーキをいただきました。

【2日目】
赤岳鉱泉テント〜裏同心ルンゼ〜下山

夜は、流れ星のピークだったようですが、一瞬の晴れ間を見せて、再び降雪が始まりました。
朝起きると、しっかりと雪が積もっています。
のんびり出発し、裏同心を詰めていきます。
前回は、F1が埋まっており、二つ目の滝の三段の滝からのスタートでしたが、
今回は、しっかりとF1を登攀できました。

次に見える三段の滝もしっかり30mありそうな高さで、十分に楽しめました。

最後の滝を終えて、大同心の基部に詰める箇所が、凍結や降雪が甘く、凍った草付を登るため、注意が必要でした。


下山すると、荷揚げのヘリが何度も往復していました。
山ほどのビールが目に入り、今晩も泊まりたい、、気持ちを抑えて下山となりました。


その日の前日までは、アプローチの橋や、山頂も土が見えるほどの積雪量でしたが、
当日登る頃には、雪でしっかりと埋まり、吹き溜りは若干のラッセルを強いられるほどの積雪となりました。
急な天候の変化もありますので、情報を見て、装備しっかりと十分に準備しましょう。

フォトギャラリー

ジョウゴ沢 F2。中央のラインは水が流れていました。

先週まではもはや夏道だったようです。

うっすら新雪

凍っているの、わかりますか、?

テントを設営します。

アイスキャンディにはもう少しかかりそうですね。

F1。右から巻きます。

F2を登ります。比較的締まっている左側を選びました。

F2を抜けた先です。景色もないので、欲張っても仕方ないと引き返すします。

そして、時間いっぱいまで、F2でトップロープで遊びます。このラインは噴水ゾーンでした。

ステーキを頂きます。

朝起きるとテントがこんな感じに。ヘリの荷揚げがあるとの事で、撤収して小屋にデポしておきます。この日は裏同心へ。

裏同心ルンゼの最後の滝。

大同心です。登ってませんが、ドヤ顔で。

水を含んだ氷だったので、、氷点下の中すぐに凍ってしまいました。

ヘリでの荷揚げ。テント撤収しておかないと吹き飛びそうです。

ぎりぎりヘッドランプを使わず下山完了。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

コマーシャルモール博多店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部