旭岳東稜 撤退編

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
つじまい(おとな女子登山部)
日程
2020年12月19日 (土)~2020年12月20日 (日)
メンバー
他1名
天候
くもり、雪
コースタイム
1日目 美し森(3時間)出合小屋 
2日目 出合小屋(6時間)上部岩壁下(3時間)出合小屋(2時間)美し森
コース状況
美し森無料駐車場あり
冬期はトイレ閉鎖
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

先週のアイスはじめに裏同心ルンゼに行ったが赤岳鉱泉の賑やかさに圧倒され、次は静かなところに行きたいと八ヶ岳東面を訪れた。
初めての東面なので、どこでも行きたい放題。
1日目はとりあえずアイスがやりたいということで、「上ノ権現沢」「権現沢」あたりを行ってみるが、氷がスカスカで水が流れ、その上に新雪がのっている状態で、先を行く気になれず偵察で終了。
アイスが微妙なので、2日目は東面でいちばん人気の旭岳東稜へ行くことにする。
適当にトポをコピーして持ってきたなかに旭岳東稜のページもあり、1日でなんとか行けるだろうと考えたが、これは大きな間違いだった。

翌朝も、天気が悪く気が進まない。
取り付きは東稜末端からで、当然トレースはなく、
進むうちに、雪が深くなりスピードが出ない。
岩が出てくると適当に巻いたり直登したりしてなんとか2500mくらいの地点まできた。
が、視界が悪く進むべき方向を誤ったようである。
垂直の岩が出てきてこれの対応に1時間以上かかってしまった。
時間切れとなりここで、撤退することにした。
登るのに何度かロープを出したのだから、下りるのも大変で、本当に辛い下山となった。

反省点としては、アイスクライミングからの転身で、事前の下調べなく決行したこと。
実際、旭東稜に行くには一泊2日の行程なら、途中ビバークするのが普通である。
トレースの有無によっても条件は変わり、今回、ほかに人が入っていないことでより時間がかかった。
甘く考えていたことで、敗退という結果になったが、いい勉強をしたなと思う。
今シーズン中のリベンジを誓った。

フォトギャラリー

撤退後に見えた富士山

アプローチしんどい

出合小屋で準備しました!

おニューのアイゼンを試したくて…

出合小屋は貸切でした

旭東稜へ

懸垂したり

トラバースも

大変です

進むしかない

結局撤退…

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部