鶏籠山と的場山(兵庫県たつの市)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
岡田 丈二
日程
2021年10月10日 (日)~2021年10月10日 (日)
メンバー
岡田、他1名
天候
くもりのち晴れ
コースタイム
市営駐車場(4分)龍野城(26)鶏籠山頂上【龍野古城跡】(8)分岐の石燈篭(39)的場山頂上(30)野見宿禰神社(14)龍野神社(4)聚遠亭(14)龍野城(4)市営駐車場

歩行時間:2時間23分  総時間:3時間30分
コース状況
・龍野城から南西へ徒歩4分の市営駐車場(有料:12時間300円)に駐車。

・龍野城脇の動物除けフェンスの扉を開けて山に入ります。扉は必ず閉じて簡易ロックします。

・鶏籠山、的場山と登山道は明瞭です。

・的場山山上に3つの通信施設があり、そのうち一番低い位置の通信設備の東側から下山します。

・聚遠亭、紅葉谷と、紅葉の時期が美しいそうです。(11月中旬以降)

・龍野城下の街に個性的なカフェなどがあり、散策するのも楽しめそうです。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

たつの市を見下ろす鶏籠山(龍野古城跡)と手軽に縦走できる的場山へ出かけました。

・龍野のお城は鶏籠山(けいろうさん)の山城と山麓の平山城とのニ期に分かれます。山城は約500年前赤松村秀によって築かれ、現在の平山城は寛文12年に信州飯田から脇坂安政が移って築城したとされています。
・野見宿禰神社:相撲の元祖、野見宿禰(のみのすくね)が故郷の出雲に帰る途中亡くなり、出雲から多くの人々が来て川から石を運び墓を築いたそうでうす。「野に立つ人」「立野」が、いつしか「龍野」になったそうです。
・童謡「赤とんぼ」の作詩者[三木露風]の生誕地龍野。今日も聚遠亭にとんぼが多数飛んでいました。

街の中も散策してみたくなる佇まいで、今度は紅葉の時期に訪問してみたいです。

フォトギャラリー

的場山(兵庫編たつの市)三等三角点

龍野城からスタートします

獣除けゲートへ

標識もあり安心

途中結構な急勾配もありました

龍野古城跡

削平地や竪堀跡など、遺構があります

縦走路を進み、的場山、紅葉谷分岐点

展望地から

男鹿島、家島あたりが見えます

的場山頂上に着きました

三等三角点

山上の通信設備 塔が3つありました

休憩。お米の麺です

雲は多めですが、清々しい

淡路島も見えますね

野見宿禰神社

関取の名前がずらっと並んでいます

力士像の力水

聚遠亭茶室 紅葉が待ち遠しい

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部