北海道百名山 伏美岳~ピパイロ岳

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
斉藤 裕一
サッポロファクトリー店 店舗詳細をみる
日程
2022年07月19日 (火)~2022年07月19日 (火)
メンバー
斉藤
石渡(グラビティリサーチ札幌)
他 一名
天候
曇り
コースタイム
駐車スペース → 避難小屋    1時間45分
避難小屋   → 伏美岳     3時間40分
伏美岳    → ピパイロ岳   2時間50分
ピパイロ岳  → 伏美岳     2時間25分
伏美岳    → 避難小屋    2時間20分
避難小屋   → 駐車スペース  1時間30分
※タイムは一般的なコースタイムで、
 実際にかかった時間とは異なります。
コース状況
総距離  26.0km
獲得標高 2280m
伏美岳までの登りは少し急斜面。
前日までの雨でぬかるみ、滑る箇所も多い。
伏美岳からピパイロ岳は9割以上、
藪漕ぎの為、かなりの時間を要する。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

日高系の百名山を狙っていましたが、
前日にまたもや大雨が降ったため、
渡渉ルートを避け、伏美~ピパイロをチョイス。
駐車スペースから、避難小屋のある登山口付近までは
廃林道を6km程歩きます。
登山口に入ると伏美岳の山頂まで1000m標高を一気に稼ぎます。
スタートがあまり早くなかったので、この時点で11:20。
ここで下山してもそれなりの登山なのですが、
せっかく日高まで来てるので、ピパイロ岳まで行きましょう。
ここから先はひたすら藪漕ぎです。
標高差はそれ程ないのですが、スピードが上がりません。
3時間弱かけて、なんとかピパイロ岳に到着。
途中、藪で熊スプレーのロックが外れてしまい、
少量ですが誤射してしまうトラブルも発生。
ちなみにここまでの区間で、熊の糞を20個以上確認。
ここまで多いのは初めてでしたね。
その後の下山も藪漕ぎですので、スピードは上がらず、
日没ギリギリの19:30に無事下山出来ました。

フォトギャラリー

ここから林道を6km歩きます。

崩壊してますねー。

思わぬ難所。。どうやって車が通っていたのでしょう?

立派な避難小屋に到着。

改めて、登山口から登り出します。

ここも地味に緊張感が!!

伏美岳までの登山道は比較的綺麗でした。

一気に標高を上げて、あと少しです。

伏美岳到着!!最近雲の中率高めです。

ピパイロ岳へ向かってスタート!!ホシガラスのお出迎え。

藪漕ぎの辛さが伝わる表情ですねー。

こんな藪漕ぎを、5時間半やりました。

今まで見たヒグマの糞で一番の量でしたね。。

ハイマツ漕ぎ対策で、サッカー用のシンガードを装着!

藪漕ぎを抜けて、「山頂着いた―」と思ったあとの絶望感。まだ思ったより距離がある。。。

一休みしたら、急に近く見えて来ました。

10分くらいでピークハント!!

ここは天国では??

ピパイロ岳の輪郭がなんとなく!

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

サッポロファクトリー店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部