東京都最高峰!雲取山で鍋&こたつでみかん

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2012年12月22日 (土)~2012年12月23日 (日)
メンバー
天候
■1日目(12/22) 雨のち晴れ ■2日目(12/23) くもり
コースタイム
■1日目(12/22)
小袖乗越→(110分)→堂所→(85分)→七ツ石小屋→(105分)→奥多摩小屋→(105分)→雲取山山頂→(40分)→雲取山荘

■2日目(12/23)
雲取山荘→(50分)→雲取山山頂→(45分)→奥多摩小屋→(115分)堂所→(75分)→小袖乗越

※かなりゆっくりペースです
コース状況
全体を通して特に危険箇所はない。
雲取山荘と雲取山山頂の間はやや急登。凍結時の下りは注意が必要。

鴨沢から登る場合、標高差は約1300m、距離は片道10kmとやや長丁場。
日の短い時期に日帰りする場合は朝早めの出発を心がけたい。
難易度
Google Map

より大きな地図で 雲取山 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

雲取山。標高2,017mで東京都最高峰です。
山に興味がない方はそれを聞いて、「えっ!?東京にそんな高い山があったの?」とビックリすることが多いです。
危険なところもなくがんばれば日帰りできるお山なので、関東に住んでいるときは日帰りで登っていましたが、今回「山小屋泊まりで登って、鍋をしましょう」という山仲間からの魅力的なお誘いを受けて、神戸から遠征しました。

関東のお山の魅力は、やっぱり大きな富士山が見えること。
今の時期は白い雪をかぶってとてもきれいなはず。
今回もそれを期待して両日に渡って山頂に登ったのですが、残念ながら天気が悪く見えませんでした。

何よりも快適だったのは山頂近くにある雲取山荘。
なんと、各部屋にこたつがあります!
同行者がみかんを持ってきてくれていたので、こたつでまったりとみかんを食べることができました。
山の上にいるとは思えない感じ。
※こたつはおそらく豆炭で熱を出していて、朝まで暖かかったです。

そして、夜はお楽しみの鍋!
石川県の郷土鍋である「とり野菜みそ」。
みその風味がとても良いですね~
そして、富山の鱒寿司も持ってきてくれていました!
お酒のつまみにはほたるいかの沖漬けも。
北陸のグルメをお山で満喫しました。

2012年12月23日時点では七ツ石小屋から上で軽く積雪がありました。
山頂付近は10~20cmほど。
朝はガチガチに凍結しているので、6本爪以上アイゼンが必要です。
今後は前爪付のアイゼンを装備しておいたほうがよいと思います。

フォトギャラリー

山頂付近から振り返るとなかなかきれい

雲取山。標高2,017mで東京都最高峰です。 山に興味がない方はそれを聞いて、「えっ!?東京にそんな高い山があったの?」とビックリすることが多いです。 危険なと

青空が見えてきた!

あの向こうが山頂

山頂までもうちょっと

小雲取から山頂直下まではまったいらで一直線。景色もとてもよいです~

雲取山!晴れていたらあの向こうに富士山が見えるはずなんだけれど

原三角点という古い三角点があります

雲取山荘

各部屋にこたつがあります!山仲間がみかんを持ってきてくれていました~

「とり野菜みそ」という石川県の鍋です

そして鱒寿司も!

翌朝、富士山を期待して再び山頂へ。地面はガチガチに凍ってます

ざんねん…。富士山見えず

心残りですが下山します

雪をザクザク踏んで歩くのが楽しいね

下ってくると落ち葉の山道

下ってくると落ち葉の山道

この森の雰囲気は好きです

小袖乗越の駐車場。けっこう広いですが、下山したらほぼ満車状態でした

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部