八ヶ岳  赤岳 vol.1 (美濃戸口~赤岳鉱泉)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
鷲尾
日程
2013年02月20日 (水)~2013年02月21日 (木)
メンバー
福井北四ツ居店    鷲尾
福井北四ツ居店    角柿
新潟亀田店      小林・鈴木
調布パルコ店     家田・長谷川
ララスクエア宇都宮店 飯沼・大橋
銀座店        吉田・櫻井
池袋西口店      伊佐・加藤
新宿東口店      中澤・酒井・白井
千葉パルコ店     向山
横浜西口店      田村
ららぽーと横浜店   安藤
浦和パルコ店     新名
さいかや川崎店    杉浦
浜松メイワン店    小俣
松本パルコ店     枝中
名古屋栄店      山本・大塚
春日井店       米村
各務原店       小倉
なんば店       小久保・川崎      
天候
晴れ
コースタイム
【1日目】 美濃戸口 ⇒60分⇒ 美濃戸山荘 ⇒140分⇒ 赤岳鉱泉

【2日目】 赤岳鉱泉 ⇒40分⇒ 行者小屋 ⇒120分⇒ 赤岳・阿弥陀岳分岐 ⇒50分⇒ 行者小屋 ⇒60分⇒ 美濃戸山荘 ⇒70分⇒ 美濃戸
コース状況
前日・前々日の大雪のため、例年より雪が多い。
赤岳鉱泉までは危ない箇所なし。
文三郎尾根の危ないクサリ場は大雪のせいで埋まっていたので、ひたすら急斜面を登る感じ。
寒いのは当たり前だが、特に手足の指先の防寒対策を!
難易度
Google Map

より大きな地図で 八ヶ岳 赤岳 (文三郎尾根) を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

関東・中部・北陸の店舗で集まったコミュニケーション登山。
前半(18・19日)、後半(20・21日)に分かれ、後半のメンバーは総勢28名。
赤岳鉱泉に大集合です。小屋のみなさま、お世話になります。

前半は大雪で天気が悪かったようですが、前半チームのラッセルを期待して、
後半チームは快晴の中をスタート!!

諏訪SAで-12℃だったので、山はもっと寒いだろうな・・・と
心がすでに折れそうでしたが、美濃戸口の駐車場に着くと日差しがとても
暖かく、歩き始めは暑いくらいでした。

赤岳鉱泉に向かう途中、美濃戸山荘前で円陣を組み、気合いを入れて、
だんだんとテンションも上がり、明日の赤岳アタックも楽しみになってきました。

赤岳鉱泉に着き、先に到着していたメンバーがアイスキャンディでアイスクライミングを
していたので、私も混ぜてもらおうと思いましたが、2:40に赤岳鉱泉に到着したので
(のんびり出発しすぎました・・・(^_^;) )もう撤収し始めていてできませんでした。
残念・・・。

赤岳鉱泉でみんなとの談話で楽しく過ごしていると、明日赤岳アタックする、私の班のメンバーが
誰も来ていない事に気づき、大慌て・・・(←私だけ)。
17時前に調布店&宇都宮店のメンバーが到着。なんと、美濃戸口に着く直前に道路が凍っていて
車がスリップし、タイヤチェーンを求めてまた諏訪の方まで買いに戻ったそうです。
八ヶ岳の気温の低さ、恐るべし!!

全員揃って晩ご飯をおいしくいただき、明日の登山に控えてゆっくり休ませていただきました。
赤岳鉱泉は快適な山小屋でした。有難うございました。

フォトギャラリー

美濃戸口出発。

スタートは北陸チームで。

快晴! あたたかいです。

車道をショートカット。

前を歩く登山者発見。

関東チームに追いついた。銀座店の櫻井氏はソリでボッカ。

池袋店の加藤氏は自分より大きなザックでボッカ。

赤岳山荘。

すぐに美濃戸山荘。

ここでアイゼンを装着。

「や・ま・の・ぼ・り~ぃ」

「だいすきぃ~!!」 拍手☆彡

気合が入ったので赤岳鉱泉に出発。

休憩タイム。

あれ、向こうの方が雲ってきた。

さすがに冷えてきた。 寒い・・・。

アイスキャンディが見えてきた。

松本店枝中氏がアイス中。 かっこいい~♪

赤岳鉱泉に到着。お世話になります。

女子部屋。ペンションみたいで驚きました!!

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部