白馬岳でテント泊~風吹大池にも立ち寄り~

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2013年09月10日 (火)~2013年09月12日 (木)
メンバー
天候
晴/雨
コースタイム
一日目:猿倉(60)白馬尻小屋-大雪渓-(150)岩室跡(120)白馬岳頂上宿舎(テント泊)
二日目:白馬岳頂上宿舎(20)白馬山荘(15)白馬岳(80)小蓮華岳(100)白馬大池(100)天狗原(180)風    吹大池
三日目:風吹大池(180)天狗原(70)栂池自然園-ロープウェイ・ゴンドラ-栂池高原
コース状況
大雪渓は落石が多いので、前方をよく見て音にも注意して進みましょう。また、今回は使いませんでしたが、9月に入っても年によってはアイゼンが要ります。使用の有無に関わらず、6本爪アイゼンは必ず持って行って下さい。岩場、ザレ場が多いので、落石を起こさないよう注意が必要です。乗鞍岳から先の岩場は濡れていることが多いので、滑らないよう慎重に行きましょう。風吹大池までの道は、迷う所はありませんが、人が少なく未舗装の箇所が多いので歩きにくいです。老朽化した木道や、ぬかるみに注意して下さい。また、2013年版の昭文社の地図では、分岐から池まで2時間20分と書いてありますが、実際には3時間かかります。時間に余裕を持って行きましょう。ちなみに小屋、テントともに予約制です。
難易度
Google Map

より大きな地図で 無題 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

「日本アルプスでテント泊したいんです(≧▽≦)!!」
と目を輝かせる愉快なお店のメンバーやまむーと一緒に、女子二人でテント泊♪
色々迷った末、今回の行先は白馬に決定!

夜行バスで早朝に白馬駅に到着。天気は良好。
朝日に照らされた白馬の山々を眺め、二人ともすでに大興奮!!
タクシーで登り口の猿倉まで向かい、いよいよ出発☆

強い日差しに汗だくになりながら辿り着いた大雪渓は、9月とあってだいぶ雪も融けている様子。
今年は8月後半の大雨の影響で雪渓はクレバスだらけになってしまい、左側の巻道を歩かなければならないとのこと。しかしこの巻道、土砂崩れの影響でひどくザレていて歩きにくい。落石に備え、少し間隔を開けて歩くことに。
神経を使う急な登りでしたが、さすがは花の山!夏山シーズン終わりにも関わらず、ミヤマキンポウゲ、ヨツバシオガマ、ハクサンフウロなど沢山の高山植物を楽しめました。

テントの受付で立ち寄った小屋の方曰く、「今年の大雪渓は10年に1度のハードさだよ」とのこと。
さらに、風吹大池に行くことを伝えると「今年は三組しか聞いてないな~、でも絶対に良い所だよ」と。三組と聞き不安がよぎりつつ、期待も膨らみます。

この日はガスってしまい、夕日は見れませんでしたが、2日目の朝は快晴!
眼下に見事な雲海が広がり、山頂からは剱・立山連峰はもちろん槍・穂高方面まで見渡せました!
そして、これから歩いていく長い稜線が。。これぞ北アルプスの醍醐味です!

気持ちのいい稜線歩きを楽しみ、白馬大池へ。この辺りから少しガスが出てきました。白馬乗鞍岳を越え、急な岩場を下り、木道をしばらく行くと風吹大池の分岐に出ます。最初は湿原が続きますが、その後は人の少ないワイルドな道に。アップダウンを繰り返すぬかるんだ道、地図のコースタイムを過ぎても一向に辿り着かない焦り。。心が折れそうになりましたが、二人一緒だったのでなんとか到着。時すでに夕方。テントを張ってしばし反省会。。
ともあれ、幻想的な風吹大池は静かで素敵な場所でした。

次の日はあのワイルドな道を分岐まで戻り、栂池に下りました。
風吹大池には、今度はもっとのんびり行きたいと思います。
雪渓・稜線歩き・高山植物など、白馬岳は北アルプスの魅力が盛りだくさん!
オススメです☆

フォトギャラリー

白馬岳山頂♪

さて、大雪渓 だいぶ雪が減っています

大きなクレバス 落石注意

白馬と言えばこの景色 ガスが取れてきました

ヨツバシオガマ

ミヤマオダマキとタンポポ

勢いよく流れる雪解け水

今日のごはんは豚肉ときのこの塩あんかけ丼&卵スープ

あれが山頂 すがすがしい朝

見事な雲海

剱・立山がよく見えます

これから行く稜線が

気持ちのいい道

白馬大池に到着

急な岩場と小雪渓 滑らないよう注意

ここからは初めての路 風吹大池へ

しばらくは湿原が続きます

なかなかワイルドな道 かわいいキノコがたくさんありました♪

幻想的な風吹大池 白馬にこんなに静かな場所があったとは

小屋の前でパチリ☆さあ帰ろう

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部