残雪期 唐松岳~五竜岳縦走

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
三谷 卓亮
日程
2013年05月03日 (金)~2013年05月05日 (日)
メンバー
さいか屋藤沢店 三谷
天候
晴天・曇り
コースタイム
5/3 八方池山荘→(170分)→丸山ケルン(100分)→唐松岳頂上山荘(テント泊)
5/4 唐松岳頂上山→(20分)→ 唐松岳(15分)→ 唐松岳頂上山荘→(220分)→五竜山荘1(テント泊)
5/5 五竜山荘→(90分)→五竜岳→(60分)→五竜山荘→(150分)→アルプス平
コース状況
積雪
難易度
Google Map

より大きな地図で 唐松岳‐五竜岳 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

雪もたっぷり残っている後立山の残雪期縦走でした。
八方池山荘前は雪が溶けていたものの、その先からはしっかりと雪の残る雪山でした。
幸いにも快晴で雪と青空の素晴らしいコントラストを楽しむことができました。

唐松岳頂上山荘までは入山者もかなり多かったです。
縦走する人はその中でごく少数でした。
トレースがしっかりあり、GPSを持っていましたが必要がないくらいでした。

大黒岳の稜線は年によって鎖の出ていない年もありましたが、今年は鎖も出ていて比較的楽に通過出来たと思います。

五竜岳は夏道と違い、稜線に沿って行くようなルートになります。
五竜岳は切れ落ちた山で、冬期では危険なトラバースや急斜面の雪面登りもあります。
(登頂を目指される方は経験者と登られた方が良いかもしれません)

フォトギャラリー

五竜岳稜線

八方池山荘

小さな小屋・・・トイレ

ケルン

またケルン

またまたケルン

ちょっとガスも

不帰剣も美しい

凍結した唐松岳頂上山荘

唐松岳頂上

大黒岳~白岳

鎖もある程度出ています

白岳手前 もう春ですね

積雪期の五竜山荘

夜明け

夜明けの五竜岳

真っ白な氷の五竜岳

小さなステップを慎重に登る

五竜岳頂上

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部