天空トレイル 扇沢から上高地へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2015年09月28日 (月)~2015年10月01日 (木)
メンバー
天候
終日:☀
コースタイム
1日目:扇沢登山口(50分)大沢小屋(110分)針ノ木峠(60分)蓮華岳(130分)北葛岳(95分)船窪小屋(20分)船窪小屋テント場

2日目:船窪小屋テント場(20分)船窪乗越(15分)船窪岳(50分)船窪岳第2ピーク(100分)不動岳(65分)南沢岳(65分)烏帽子岳(40分)烏帽子小屋(160分)野口五郎小屋(30分)野口五郎岳(85分)東沢乗越(45分)水晶小屋分岐(45分)岩苔乗越(45分)黒部源流碑(20分)三俣山荘テント場

3日目:三俣山荘テント場(80分)双六小屋(60分)硫黄乗越(35分)左俣乗越(55分)千丈乗越(55)槍ヶ岳山荘(30分)槍ヶ岳(30分)槍ヶ岳山荘(70分)天狗原分岐(30分)天狗原(30分)天狗原分岐(55分)ババ平(95分)横尾山荘テント場

4日目:横尾山荘テント場(130分)上高地

※上記時間には休憩時間も含めております。
コース状況
蓮華岳~北葛岳~不動岳まではクサリ・ハシゴ・ワイヤーなどあり悪路で注意が必要です。
期間中、稜線では強風のため防寒対策が必要です。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

毎年恒例となります長期縦走で、今年は白馬岳~上高地を検討しておりました。しかし、テント泊
なのでトレランぐらいの体力・走力があれば行けるのですが、コースタイムを見ながら日程的にも困難と
判断し、何とか自分でも踏破できるルートを考えていると扇沢~上高地のルートがありました。

1日目:扇沢登山口から船窪小屋まで進みましたが、蓮華岳から七倉岳までは何度か登り返しがあり、
また北葛乗越手前ではクサリ場が連続する急坂になり注意が必要です。また船窪小屋テント場の水場は
崩落した崖の中にある危険な場所にあるため、明るい内に給水が必要です。

2日目:不動岳までは長い行程と急坂に加え、コース途中にハシゴ・ワイヤーがある箇所がいくつもある
ため、通過には十分に注意が必要です。通常烏帽子岳までは、約7時間と案内板には記載があります。
不動岳を通過すると眺めの良い稜線歩きとなります。地塘の点在する「烏帽子田圃」は日本庭園の様で、
自然の美しさを実感する場所でした。この後は危険な場所はありませんが長丁場のルートのため、
定期的に栄養補給を行いました。時間がなく鷲羽岳・水晶岳・赤牛岳に行けなかった事が悔やまれます。

3日目:三俣山荘から西鎌尾根を登り槍ヶ岳まで、さらに東鎌尾根を進み大天井岳を越え、常念小屋まで
行きたかったのですが、事前に天候悪化の情報を手に入れていたため、そのまま横尾山荘へ変更
しました。最終日に涸沢紅葉を見るのも目的だったからです。
しかし、より天候が悪化することだったので朝に行くか判断することにしました。

4日目:無理は出来ないと判断し、そのまま上高地まで下山しました。上高地で温泉に入り、
朝一番の松本行きバス(新島々で電車に乗り換え)に乗り、信濃大町駅まで戻りました。
もっと体力があればよく多くの頂に立つことが出来ましたが、現時点ではここまでと確認できた
山行となりました。

総距離:約65.3km
積算標高差
上り:約6764m
下り:約6583m
一般コースタイム:約2675分(44時間35分)

フォトギャラリー

天狗原からの景色です

紅葉も見頃ですね

穂高連峰

下りは注意が必要です

長い長い登りです・・・

西鎌尾根から槍ヶ岳へ

下山したくないですね

烏帽子田圃は本当に楽園みたいでした

紅葉もきれいです

200名山の烏帽子岳

燕岳もよく見えます

黒部源流碑です

針ノ木雪渓

北葛岳の下り道・・・

どんどん槍ヶ岳が近づいてきます

300名山の野口五郎岳

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部