奥日光 秘境の錫ヶ岳と宿堂坊山~秋の静けさを求めて7 修験道編~

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
大島 幸
横浜西口店 店舗詳細をみる
日程
2013年10月17日 (木)~2013年10月18日 (金)
メンバー
単独
天候
晴れ、早朝ガスのち快晴
コースタイム
湯元バス停(5分)湯元スキー場(14分)リフト終点(72分)外山コル(40分)前白根山(50分)白根隠山(25分)白桧岳(55分)錫の水場 幕営 水場1分細い
錫の水場(60分)錫ヶ岳(185分)柳沢のコル(20分)宿堂坊山(68分)柳沢川堰(22分)西ノ湖入口バス停
コース状況
湯元~白根隠山 台風による倒木等はない。道も明瞭。
白根隠山~錫ヶ岳 踏み跡は笹に隠れる。倒木や根っこに注意。マーキングは随所に
錫ヶ岳~宿堂坊山 踏み跡は一部不明瞭だがなんとなく判別は出来る程度。マーキングは随所に。地図読み出来ない者は不可。
宿堂坊山東尾根 踏み跡不明瞭。地図読み必須。赤テープは一応ある。
全ルートにおいて熊に注意。
難易度
Google Map

より大きな地図で 錫ヶ岳 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

まず始めに地図読みが出来ない人は絶対に行かないで下さい。
冗談抜きに帰って来れなくなります・゜・(つД`)・゜・

紅葉シーズン真っ盛りの日光。
心配していた渋滞による入山遅れもなく予定通りの時刻に入山。
白根沢脇の荒れた道をのんびり歩き、避難小屋への道を無視して白錫尾根へ!!
白根隠山は実は白根山塊の中じゃ二番目に高い山なんです!
でも、奥白根へ登る通過点上になく訪れる人の少ない山。
道中はアルペンチックで奥日光も奥白根も見られる贅沢な山なんですけれどねぇ…

そんな白根隠山を楽しみ笹原を行くとすぐに白桧岳へ。
丸っこい山頂でガスに巻かれるとちょっと厄介(/´△`\)
笹原を行き人の入らない森を行くと小さな広場へ出てテントが張れる。
そこが錫の水場です!水場までは直ぐなんだけれどかなり細いので渇水期は期待できません。
錫の水場で夜明かしした後、一路 錫ヶ岳へ。
錫ヶ岳までは踏み跡は笹や石楠花、シラビソなどに隠れるも明瞭についていて
歩き慣れた人ならば問題にはならないでしょう。
ただ、一般登山道しか歩いたことのない人は無理です。修行して出直しです!
秘境 錫ヶ岳からはさらに踏み跡はわかりづらくなりますが
栃木の名物マーキングが煩いくらいあるので それを補助とし あくまでも読図で進路を決めていきます。
時折、胸や顔の高さを笹や石楠花を漕いでズンズン進む。
だが、そこは藪ルート。予定より1時間遅れで宿堂坊山に。
下りはどんな出っ張りや段差が潜んでいるか
登りも藪を漕いだりで進まないのです((/_;)/)

宿堂坊山からの下りは柳沢林道と平行する東尾根で。
リボンが申し訳ない程度にありましたが 地形を読みながら急斜面を降っていきます。
尾根を突端まで降ると柳沢川に遮られるので徒渉。
ブーツでは渡れない嵩だったので裸足になりました。
最後の〆がこれとは(笑)

久々に歩ききった!と言う感じに慣れた旅でした。

フォトギャラリー

奥白根山と霧氷

日光連山

五色沼と奥白根山。

稜線上に建つ観測小屋。むちゃくちゃいい立地

白根隠山 良い山ですが風が冷たい(^_^;)

白桧岳は広い山頂。

笹の中を行く。

霧氷と雪の付いた石楠花が邪魔をする

陽がってて来たので蒸発していく

錫の水場に到着。水場はここからすぐ。

翌日 錫ヶ岳へ向かう

錫ヶ岳に到着ー

道は不明瞭になっていく

ルート上なのだが…

倒木がルートを塞ぐ。まだ新しく先日の台風か

振り返ってみた

ネギト沢のコルから宿堂坊山

宿堂坊山の直下にテントスペースがありました。

最後は渡渉

結局ブーツじゃ無理だったので脱いだ。冷たい

・実際に行かれる際は、現地の最新情報をご確認ください。
・ご自身の技術や体力に合った無理のない登山計画で山を楽しみましょう。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

横浜西口店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部