雲取山 降りたての白銀の森へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2016年02月15日 (月)~2016年02月16日 (火)
メンバー
天候
1日目:曇りのち雪 2日目:晴れ
コースタイム
1日目:留浦駐車場→10分→鴨沢登山口→140分→堂所→120分→(七ツ石小屋・七ツ石山を巻く)ブナ坂→60分→奥多摩小屋(テント泊)
2日目:奥多摩小屋→60分→▲雲取山2017m→40分→奥多摩小屋→20分→ブナ坂→20分→▲七ツ石山1757m→七つ石小屋経由→堂所→120分→留浦駐車場
コース状況
■前日の、春のような気温で、15日は登山道にほとんど雪が無く、奥多摩小屋まではアイゼン無しで登れました。
■七ツ石小屋は営業を終了しています。
■16日に降雪があり、再び登山道に雪が付きました。これから行かれる方は、軽アイゼン、もしくはチェーンアイゼンは必須です。
■奥多摩小屋~山頂までの稜線は風が強いです。顔まで隠れるネックゲーターもしくは、バラクラバがあると良いと思います。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

一年越しの雲取山。去年の登山では、寒さ対策がちょっと甘かったので、今回はバッチリ用意していきました。
前日の春のような陽気で、登山道の雪は殆ど溶けてしまっていて、なんと奥多摩小屋までアイゼン無しで登れてしまいました。
曇りの静かな山の中、ふかふかの落葉の道をゆっくりと登ると、堂所を過ぎたあたりで雪が舞い始めました。
ゆっくりと、静かに山を白く包んでいきます。
奥多摩小屋に付くと、辺りはガスの中。降りやまない雪の中、テントを張って、水場へ。
小屋から2分も下った水場には、豊富に水が流れていました。
雪見鍋で体を温めて、就寝前にテントを出ると、いつの間にか雪はやんで、星空が広がっていました。
西には、綺麗な夜景も。
翌朝は、真っ白な雪に朝日。
降りたての真っ白な新雪の森を歩くのは本当に気持ちがよく、富士山を眺めながら山頂を目指します。
奥多摩避難小屋で、小休止して、登頂!気温は-4度。
この時期にしては暖かいですね、きっと。ただ、風が吹くと冷たいです。
帰りはテントを回収し、七ツ石山を経由して下山しました。
まるで違う山の表情を楽しむ事ができた、充実した2日間でした。

※鴨沢バス停の駐車場は、一般登山者の方の駐車は禁止です。ひとつ前の留浦バス停に、駐車場と、トイレがあります。(帰りのバスの本数も鴨沢より、こちらの方が多いです)
※小袖乗越にも村営駐車場がありますが、車幅が狭いのと、積雪、路面凍結時の、ノーマルタイヤでの通行が難しと思います。留浦駐車場から、鴨沢までは歩いても9分程。自信のない方はこちらの駐車場がオススメです。
※樹林帯の中は比較的暖かいですが、稜線は風が強いところがあり、しっかりとした防寒対策が必要です。
特に、グローブは予備も含め、しっかりと防風性のあるオーバーグローブがあるといいと思います。

フォトギャラリー

一年越しの登頂!

スタート

前日の暖かさで雪が融けていました。

アイゼン使いませんでした。

堂所から雪が舞い始め…

だんだんうっすらと積もってきました。

ブナ坂

奥多摩小屋の水場は水出ていました

雪見鍋であたたまる

翌朝は晴れました(*^_^*)

テントは私たちだけでした

朝一番の富士山

奥多摩避難小屋-4℃

最高の天気でした

さて、次は7ツ石山へ

雲取山をふりかえる

富士山は隠れてしまいました

今日も素敵です☆

前日とまるで違う登山道

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部