奥武蔵 小持沢 ~武甲山の裏の小さな沢でウォーターウォーキング~

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
大島 幸
LALAガーデンつくば店 店舗詳細をみる
日程
2016年05月14日 (土)~2016年05月14日 (土)
メンバー
Mさん、Oさん
天候
曇り時々晴れ
コースタイム
小持橋(15分)石の積みあがった滝(7分)斜瀑10m(80分)三段滝(10分)二俣(18分)小屋跡(60分)小持山(70分)小持橋
コース状況
・大きな滝はなく、基本装備のみでよい。滑りがあるのでゴム底は適さない。水量は少ないので夏季は適さない。
・新しめの遡行図は見つけづらいので古いものを参考にwebで情報収集することになる。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

奥武蔵の小さな沢に遊びに行ってきました!
小持山から伸びる小持沢。
通常はとなりの大持沢と絡めて、登下降することが多いのですが
今回は初沢のOさんもいるので小持沢の登り登山道で下山をしてきました。

8時過ぎに横瀬駅に到着。そこから車で一の鳥居の駐車場へ向かったのですが
すでに路上駐車が出ていました。
駐車場から少し上の小持沢、大持沢の入渓点付近にも駐車スペースがあるのでそこに駐車。
車から1分掛からず小持沢に入渓です♪ヽ(´▽`)/

堰を二つ右岸から巻き、石の積み上がった滝に。
中間から上が登れないので 中段左にある穴から滝上に這い出ます。
大持沢にも同じ這い出る滝があるのですが
仲の良いことです(笑)

大きな岩が多く、両岸にも岩場を見ながら
遡上をしていくと 斜瀑10mが現れます。
流芯はヌメリが強く登れないので際から登ります。
標高700~800mあたりは両岸に岩壁があり目を楽しませてくれます。
クラックがあったりクラックがあったりクラックがあったり
ちょっとワクワクしました☆

標高810m二俣(実際は三俣)を過ぎると伏流になりますが すぐに少しですが流れが出てきます。
そうすると右岸に朽ちた小屋(2軒)があり右岸に伸びる踏み跡が見つかります。
その踏み跡を辿り稜線まで抜け、小持山へと向かいます。
稜線に上がる少し前がやや道がわかりづらいですが
傾斜の緩い場所を狙って行けばよいでしょう。

小持山で靴を履き替え、登山道で一気に下山。
登山道って歩きやすい!(・ω<)


沢登りと言うよりウォーターウォーキングな沢ですが短時間で遊べ、
沢の雰囲気もよいので なかなかによい場所です。
足慣らしに如何? 沢に慣れた人は降下もありです。

フォトギャラリー

駐車場所から1分で入渓。堰を二つ巻く。

小持橋そばに車を停めます。

入渓してすぐに雰囲気のある沢になる。

登れそうだけれど登れない

角度を変えるとこんな感じ。

この穴から出ます。

岩の間から潜り出る

身体の大きい人はザックをまず出さないと出れない

10m斜瀑。

膝くらいの深さからの小滝。

岩が大きいので景色にアクセントが付きますね

ヌメるので足元に注意しながら

少し水をかぶりながら登りました。

倒木帯が一ヶ所ありました。

沢はやはりいいです。

苔が生き生きしています。いい時期です。

この道を使って脱渓

間もなく稜線。

尾根が急になったのでルンゼ状を詰めます。

抜けると武甲山がよく見えました。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

LALAガーデンつくば店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部