くじゅう連山 白口岳~中岳~久住山 【九重】

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
辻 まい
グランフロント大阪店 店舗詳細をみる
日程
2016年06月02日 (木)~2016年06月02日 (木)
メンバー
辻 まい
天候
晴れ
コースタイム
坊ガツル→(13分)→法華院温泉→(30分)→鉾立峠→(67分)→白口岳→(39分)→稲星山→(15分)→中岳分岐→(24分)→中岳→(20分)→天狗ヶ城→(25分)→池の避難小屋→(51分)→久住山→(26分)→久住分れ→(31分)→北千里浜→(16分)→諏蛾守越→(79分)→長者原
コース状況
九重連山のコース上で、通行できない箇所がありますので、必ず事前に確認してください。  http://kyushu.env.go.jp/emergency/2016/05/post-6.html

震災の影響もあり、ヘルメット着用されている方もみられました。

鉾立峠から白口岳への登りは、破線ルート。
急登で一部鎖がありますが、道を外さなければ安全に登れます。

稜線にでると、それぞれのピークへは緩やかな登り下りがほとんどです。

諏蛾守越~長者原の間は登山道の封鎖はされていないが、落石多発地帯のため休憩などしないように、との掲示があります。

トイレ 坊ガツル 法華院温泉 久住山避難小屋
水場 坊ガツル 法華院温泉 稲星山~久住山の鞍
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

くじゅう二日目は、九州最高峰の中岳や、日本百名山の久住山を周遊しました。

坊ガツルを午前3時半に出発し、真っ暗闇のなか鉾立峠へ。
白口岳へはかなり急な登りです。
息を切らしながら稜線を目指して登ると、途中で日が昇ってきました。
大船山から昇る素晴らしいご来光を拝みました。

白口岳に登りきると、くじゅう連山の全貌が明らかに。
ミヤマキリシマは平治岳ほどの開花ではなかったものの、所々稜線沿いに咲いていて
目を楽しませてくれました。
各ピークへは、30分ほどで到着するため、歩きながらルートを決めていくのがとても楽しかったです。

朝イチでは稜線の風がとても強くて、ふんばっていないとよろけるくらいでした。
日が高くなるにつれて、風はなくなり日差しは強烈に。
気温差には柔軟に対応できるよう準備をしましょう!

フォトギャラリー

日の出前 平治岳と大船山の稜線

下にさっきまでいた坊ガツル

大船山から日が昇る

平治岳の向こうに由布岳が見えます。

もうすぐ、白口岳

白口岳(1720m)

久住山が見えました。

これから歩く稜線

雲海と阿蘇山

雲海とミヤマキリシマ

稲星山から中岳へ

中岳山頂(1791m )

天狗ヶ城へ

天狗ヶ城、楽しい。

池の畔を歩きます。

九州の避難小屋は、石造りなんですね。、

久住山の稜線にもミヤマキリシマが。

最後のピークは久住山(1786.5m)

イワカガミとミヤマキリシマのツーショット

雄大な景色を眺めながら下山です。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

グランフロント大阪店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部