北アルプス 双六岳へ テント泊②

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
つじまい(おとな女子登山部)
なんば店 店舗詳細をみる
日程
2017年08月09日 (水)~2017年08月10日 (木)
メンバー
GRなんば 石田
つじまい
天候
一日目 雨のち晴れ 二日目 はれ
コースタイム
一日目 行動時間7:17
駐車場→(89分)→わさび平小屋→(26分)→小池新道入口→(65分)→秩父沢出合→(71分)→シシウドヶ原→(51分)→鏡平山荘→(64分)→弓折乗越→(71分)→双六小屋

二日目 行動時間7:38
双六小屋→(67分)→双六岳→(51分)→双六小屋→(63分)→弓折乗越→(40分)→鏡平山荘→(105分)→秩父沢出合→(76分)→わさび平小屋→(56分)→新穂高登山指導センター

合計距離: 31.43km
標高差: 2224m
コース状況
深山荘に登山者用無料駐車場あり。
150台停められるが、休日はすぐに埋まるので注意。
8月10日現在、新穂高手前の槍ヶ岳公園線の一部が夜間通行止めのため、
朝5時開通に合わせて通過できるように調整した。

トイレ 新穂高登山指導センター、各山小屋
水場 新穂高、笠新道登山口、秩父沢、各山小屋

双六岳キャンプ場 1000円/一人 トイレ・水込

日帰り温泉
中崎山荘奥飛騨の湯 
難易度
Google Map
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 夏物ウェアクリアランス

感想コメント

双六岳二日目。
朝は4時に出発して、双六岳へアタック。
上に上がるにつれて、槍ヶ岳と穂高の稜線が見えてきました。

双六岳は山の奥深くに位置するので氷河で削られにくく、なだらかな地形が残されていると言われています。
およそ横幅100m×奥行300mの頂上台地は、まんまるのお椀型。
スキップしたくなるような、天国みたいな場所でした。
頂上までたどり着く前に、日の出となってしまったが、だだっ広い台地に私たちだけで、ぜいたくな時間です。

山頂につくと、北の鷲羽から時計まわりに槍、穂高、焼岳、笠、黒部五郎、薬師、奥に劔。
360度の大パノラマでした。
風がすこしあったので雲が流れ、霧と光で秒単位に変わっていく景色に、感動しました。

三俣蓮華岳方面に縦走されていく方々をうらやましく見送り、しょんぼり引き返す私たち。
一秒でも長くいたいが、景色を目と心にしっかり焼き付けました。

キャンプ場をあとにして、昨日と同じ道を下ります。
前日ガスで見えなかった山々が、晴れていて丸見えになっていました。
鏡池では、さかさ槍も見れて満足。

わさび平では楽しみにしていた甘い甘いスイカをいただいて、山旅が終わりました。

フォトギャラリー

槍と北鎌尾根と石田さん

月と双六

槍が、見えてきた

鷲羽と明るくなってくる空

お日様でました。

笠ヶ岳

ここは、天国でしょうか

双六岳山頂

流れる雲

槍ヶ岳の穂先

壮大な景色

お花畑

双六池

気持ちのいい稜線あるき

鏡池とさかさ槍

すいかをご馳走になりました。

アルバイトのともちゃん

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 夏物ウェアクリアランス