岩がダメなら花が良いじゃない!~長野県・入笠山~

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
浅見 直紀
町田店 店舗詳細をみる
日程
2017年09月05日 (火)~2017年09月05日 (火)
メンバー
Aの会 幹部F
Aの会 副首領Y
天候
晴れ
コースタイム
ゴンドラ山頂駅→(110分)→入笠山山頂→(90分)→ゴンドラ山頂駅
※花鑑賞のため、コースタイムの数倍かかっている
コース状況
特に問題なし。お子様や犬連れでも歩けます。
Google Map
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 夏物ウェアクリアランス

感想コメント

本当は廻目平でクライミングをするハズだったのだが、諸事情により諏訪へ向かって入笠山へ。

冬は行ったことがあるが、夏山としては初めてだ。小さい頃に家族旅行で来たことがあるらしいが、記憶からサッパリと抜け落ちているために今回が”初めて”なのだ。

ロープウェイで山頂駅まで一気に行く。途中窓から見えたMTBのコースに真新しいヘルメットが二つ落ちていたが、あれは良いのだろうか?ちなみに後ろ向き座れば、ロープウェイは車窓から八ヶ岳の秀麗な出立を映してくれる。シャンプーハット状態の八ヶ岳を見たのが六月だったから、赤岳や権現岳まで見えるのは純粋に嬉しい。曇ったら嫌だからと、副首領がバシャバシャ写真撮りまくってるが、ロープが映りこんで唸っていた。何せロープウェイだからね。

山頂駅の情報版によれば、気温は12℃。寒いくらいだが、日差しの為か、実際にはむしろ丁度良いくらいだった。ぐにゃぐにゃと準備体操をして、歩き出し!爽やかで涼しい!

で、そこから20分。ほぼ不動。

いや、訳が。これには深い訳があるのですよ。いきなり花に、それも軽く10種以上はあったものだから同定やら撮影やら興奮やら何やらで。最後に花畑を通ろうとか言っていたのに、軽いジャブでこの咲き誇りようとは恐れ入る。帰りは発狂するんじゃないのかと思う。

鹿から植物を保護するってんで、随所にゲートがある。「お邪魔しますよ」だなんて、つい口を突いてしまいそうな花の楽園へ突入だ。木道と秋晴れのコントラストも美しい。気持ちもデトックスされる。反比例で口調が悪くなるのも、きっとデトックスのせい。

ここまでで一番印象深い花は、マルバタケブキ。漢字では丸葉岳蕗と書く。漢字さえ知ったのなら覚えるのも難しくないが、「マルバタケブキ・・マルバタケブキ・・・・」と言うだけでは、まるで魔法学校で習う呪文のようで非常に覚えづらい。幹部Fが「マルハダ・・・」と言いかけたので慌てて止めた。「・・カ!」「あー言ったァ!」

そんなこんなで、マナスル山荘へは行かずに花畑を通り、樹林帯ルートではなく自然と尾根ルートを通って(この辺りが何と言うか”山思考”だと思う)、気付けば山頂。人が多い。

そしてランチタイム。メニューはホットサンド。例によって重役を仰せつかる。「焼きあがったホットサンドを器に移動させる係」だ。大役をこなした後のホットサンドは美味である。

帰りは同じルートを通るのもアレだからと、マナスル山荘に立ち寄ったりしたが、ロープウェイ山頂駅付近の花畑でやはり足を止められる。あれは仕方がない。百花繚乱もいいところ。夏ってこんなに咲き乱れるものかと舌を巻くしかない。ここで新しく覚えたのは、フシグロセンノウとマツムシソウ。

ロープウェイのチケットに付いていたソフトクリーム割引券でルバーブ味のモノを購入し、ぼーっとして帰った。

フォトギャラリー

山頂。北南中央アルプス丸見え

アキノキリンソウ

マルバタケブキ。今回の主役!?

マツムシソウ

ヤナギランと入笠湿原

ソバナ?

ノコンギク。PCの壁紙みたい

シモツケ

フシグロセンノウ

with エゾリンドウ

ヤマユリ

八ヶ岳を見つつガブッと

ルバーブソフト。少し酸味があって美味

本日のコンディション

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 夏物ウェアクリアランス