富士山(富士宮口~プリンスルート)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2017年09月09日 (土)~2017年09月09日 (土)
メンバー
天候
晴れ時々曇り
コースタイム
富士宮口五合目-(20分)-六合目-(5分)-第一火口縁-(5分)-宝永第一火口-(40分)-宝永山山頂-(20分)-走り(下り)六合-(10分)-旧六合目小屋跡-(45分)-砂走館ー(35分)-赤岩八合館-(20分)-八合目-(70分)-御殿場口頂上-(35分)-吉田口・須走口頂上-(50分)-剣ヶ峰-(10分)-御殿場口頂上-(45分)-赤岩八合館-(20分)-砂走館-(20分)-走り(下り)六合-(25分)-宝永第一火口-(10分)-第一火口縁-(10分)-六合目-(15分)-富士宮口五合目
コース状況
宝永第一火口付近の登山道は、火山灰の砂礫にズブズブと足を取られ、なかなか前に進まず、登りの時は息があがります。
富士山全体に言えることではありますが、特に、宝永火口付近では落石に注意が必要です。
晴れていても、上部はやはり風があり、寒いです。防寒対策は必須になります。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

登山好きで知られる皇太子様が登ったルートということでその名が付いた、プリンスルート。富士宮口五合目から、宝永山経由で御殿場ルートの六合目付近に出て、そこから先は御殿場ルートを登る、というコース概要になります。宝永山には、下りで寄ったことはありますが、登りで行ったことはなかったので、今回はプリンスルートを往復してみました。
宝永山付近は砂礫に足を取られてズルズルと滑り、疲れましたが、富士宮ルートよりはるかに登山者が少ないので、富士山にしては比較的静かな山歩きが楽しめます。ただし、山小屋が少ないのがこのルートの難点ですし、山頂に着けば、また人で溢れかえります。閉山間際ということで、駆け込みの登山者が多かったのでしょうが、「日本最高峰・富士山剣ヶ峰」の石柱での記念撮影は順番待ちの行列ができ、遊園地のアトラクションのごとく、30分待ちでした。動いていないと、暑がりの僕でもさすがに寒くなり、ジャケットを着こまざるを得ませんでした。でもやっぱり、石柱を目の前にすると、毎回達成感を味わえます。
途中、ガスに巻かれることもありましたが、この日は天気に恵まれ、絶好の富士登山日和だったと思います。見事な雲海も見ましたし、麓の景色もよく見えました。今回のように、日帰りでも行けますが、山小屋に一泊して時間的・体力的に余裕を持たせると、更に色々な富士山の表情に出会うことができ、より一層充実した富士登山が楽しめると思います。

フォトギャラリー

富士宮ルート五合目から出発です。

雲海荘や宝永山荘がある六合目までは、20分ほどで着きます。ここで富士宮ルートと別れ、宝永火口方面へと向かいます。

宝永第一火口縁にやってきました。ここで、須山ルート(一合目にあたる水ヶ塚から登ってくるルート)と合流します。天気は良く、雲海も素晴らしい。

宝永4年(1707年)の噴火でできた、巨大な宝永火口と宝永山(右端のピーク)。この火口は、山頂のそれより大きいです。この火口の中を登っていきます。落石に注意!

宝永山に到着です。がスッていて景色は残念。ここは遮るものがなく、いつも風が強いです。

宝永山の付け根からトラバースする感じで、御殿場ルートに向かいます。

小屋の数が少ない御殿場ルートにおいて貴重な営業小屋、七合目のわらじ館。

ガスも晴れ、頂上も見えてきました。だがまだ遠く、なかなか近づいてこない。すでに3000mを越え、息も上がるので、ゆっくりと行きましょう。

あと一息!

御殿場口頂上に到着です。まずはホッと一安心。

天気もいいので、反時計回りでお鉢巡りをします。剣ヶ峰方面を臨む。

吉田・須走ルートの頂上にあたる、久須志神社。こちらは山小屋も多く、大勢の人で賑わっています。

雑踏を抜け、剣ヶ峰に向けてさらに歩みを進めます。

今年もやってきました!日本最高地点、富士山剣ヶ峰です。ただし、この石柱での記念撮影の順番待ちで、約30分かかりました。止まっていると結構寒い!

富士宮ルートの頂上、浅間神社奥宮にやってきました。こちらも人気ルート、多くの人で賑わっています。

御殿場ルートの頂上まで戻ってきました。浅間神社奥宮から2~3分もあれば着きます。同じ道で下山開始です。

グングンと下っていきます。と言いたいところですが、転倒する危険性が高いので、スピードの出し過ぎに注意!

御殿場ルート下りの名物、大砂走が始まって間もなく、宝永山方面との分岐点があります。今日は元来た道、宝永山方面への分岐をとります。宝永山の裾野のラインが美しい。

宝永第一火口に下って登り返し、トラバース気味に進むと、六合目の小屋が見えてきました。ここまで来れば、

間もなく富士宮ルート五合目に帰ってこれます。お疲れ様でした!

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部