中央アルプスの沢 正沢川幸ノ川

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
本田 康之
イオンモール各務原店 店舗詳細をみる
日程
2018年08月20日 (月)~2018年08月20日 (月)
メンバー
名古屋栄店 本田康之
天候
曇り
コースタイム
旧木曽駒高原スキー場レストハウス前(50分)福島Bコース渡渉点(9分)最初のCS滝(60分)二股(66分)登山道合流点(45分)駒石(10分)麦草岳(20分)七合目避難小屋(35分)5合目(30分)福島Bコース渡渉点(30分)旧木曽駒高原スキー場レストハウス前
コース状況
アプローチ
・マイカーは国道19号伊谷から県道269号で旧木曽駒高原スキー場へ
・公共交通機関は下部の大原まではバスが通じるがここからの徒歩は遠い

①旧木曽駒高原レストハウス前に駐車スペースがあります
②福島Bコース登山道を幸の川渡渉点まで進みます
③最初の6mCS滝までに1箇所の堰堤があります
④二股まで滝が連続しますがほぼ上れ、シャワーや水際の岩を登って行きます
⑤二股は左俣を進みます
⑥二股からすぐの連縛帯がやや高度感があります
⑦登山道が横切る地点は丸太が横切り、右側にマーキングがありますが、わかりにくいかもしれません
⑧ここを過ぎると水がヘリ、次第にガレ場のみになります
⑨歩きやすい沢通しを進むと、最後はハイマツ帯になり、駒岩のすぐ近くにでます
⑩駒岩から麦草岳はすぐです
⑪七合目避難小屋はトイレが外にあります。中は2階建てで、きれいな小屋です
⑫福島Bコースは尾根歩きで○○合目の標識がありますが、1合を超えるのが長いです
⑫4合目に力水がありますがチョロチョロです
⑬福島Bコース渡渉点は橋がなく、増水時は注意
⑭立ち寄り湯は、秀山荘温泉が500円(12:0~18:00)、駒の湯が750円(11:00~22:00),
国民宿舎星雲荘が500円(8:30~21:30)、木曽駒高原ホテルが800円(12:00~23:00)
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

木曽駒ケ岳北西の木曽側を流れる正沢川流域には手頃な沢ルートが多いですが、その中でも滝のぼりが多い幸ノ川を遡行してきました。この沢は旧木曽駒高原スキー場まで車が上がるので、アプローチも容易で、最終的に登山道で終了するので下山も苦労しません。駐車場から茶臼山コースに入り、すぐの幸ノ川橋から入渓すると堰堤を数回超えるだけになりますので、通常は上部になりますが、木曽駒ケ岳の福島Bコースが幸ノ川を渡る渡渉点から開始します。
6m・8m・10mと花崗岩系の白い岩に流れるきれいな水を落とす滝が連続しますが、ほとんど直登かすぐ横の岩を登ることができますが、高度感はあり緊張する1ポイントもありました。ホールドはしっかりしているので快適ではありました。
あまり日があたらない沢のようですが、川幅は広く、上部に行くと駐車地が見える展望です。
水が切れだす頃に福島AコースとBコースをつなぐ登山道が横切る地点で終了でも構いませんが、まだ時間があるようであればその先の稜線の駒岩まで進んでも構いません。今回は最後の詰めで深いハイマツに引っ掛かり、数十分間のハイマツこぎでかなり消耗しました。
さらに麦草岳~木曽前岳を経て、木曽駒ケ岳まで足を伸ばす手もありますが、この区間は薮が続く旧登山道で今は通行止のようです。

フォトギャラリー

白い花崗岩のきれいな沢です

旧木曽駒高原スキー場跡地から入ります

ここで登山道が沢を横切ります

最初のCS6m滝

ここは突っ張って登ります

岩場を登ります

ダイモンジソウ

見所の連縛帯

見所の連縛帯

二股

高度感がある岩登り

小滝を超えていきます

滝下で水浴びができます

終盤の滝

ここで登山道が横切ります

最後はガレが続きます

駒岩

麦草岳2721m

麦草岳から福島Aコース

七合目避難小屋

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

イオンモール各務原店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部