暑すぎた美濃の里山 天王山~誕生山

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
本田 康之
イオンモール各務原店 店舗詳細をみる
日程
2020年08月05日 (水)~2020年08月05日 (水)
メンバー
イオンモール各務原店 本田康之
天候
快晴
コースタイム
大矢田神社参道下(3分)大矢田神社(24分)天王山(24分)白山(7分)宮川源流点分岐(20分)誕生山(30分)林道(8分)JAめぐみ野美濃ライスセンター
コース状況
アプローチ
・マイカーは国道418号高野から県道94号で市場で大矢田神社方面へ
・公共交通機関はJR岐阜駅から大矢田神社前まで岐阜バスがあります

➀大矢田神社には無料駐車場・トイレがあります(紅葉時は有料)
➁尾根コースは参道上がった左側、もみじ谷コースは本殿右側からスタートします
➂尾根コースはとにかくひたすら登ります
➃天王山山頂・誕生山山頂にはベンチがあります
➄天王山からの下り、白山からの下り、誕生山からの下りは各々急坂で、特に白山からの下りは先が見えないほど一気に下りますので、スリップ注意です
➅白山は標識のみで展望はありません
➆JAめぐみの美濃ライスセンターの駐車は10台までで一言、伝えてください(看板あり)
➇JAめぐみの美濃ライスセンターの最寄りバス停は極楽寺ですが、距離があります
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

美濃市西部の天王山(てんのうざん・538m)と誕生山(たんじょうざん・502m)は両山共に山頂からの展望がよく人気のある山で、天王山は泰澄大師が牛頭天王(須佐之男命)を祀った山であり、誕生山は天探女を祀ったとされる山、両山の間にある白山(はくさん・463m)は麓に白山神社からきている。
2つの山間はミニ縦走ができますが、低山ながらアップダウンが厳しく、一度、登って見たかった山ですが、さすがにこの時期の低山は暑すぎるの夕方15時から登り、2つの登山口は3kmくらいは離れていることから車で送り迎えしてもらい、時間短縮を計り、2時間の想定でした。大矢田神社から尾根コースのひたすら登る急坂をかけあがり、天王山へ進みますが、まだまだ暑い時間帯で30度以上はありそう。ここから樹林帯の主稜線を小走りで進むが、アップダウンを繰り返しながら、小ピークを超えていきます。遠くから見えていた誕生山らしきピークがどんどん遠ざかるように長い。宮川源流点への急下降あたりから調子が悪くなり、コルから登りに転じるあたりから頭がふらふらする始末。ここいらでまだ2時間は立たずとも、予定痛りにはいかないことが予想できたので、相方に連絡を入れる。山頂手前のコブでヘロヘロでどうやら、日射病にかかったようだ。誕生山山頂で2時間が経過して、予定より30分も遅くなってしまうもまだ長い下りが待っている。
山頂からは中電の保守道で整備されてはいるが、これまた急坂。吸水してもしてもパワーがまったく上がらないが、いつもとはかなりスローペースで何とか下っていく。それにしても長い下りで、下の林道に着いた頃にはホッとする。ここから登山口まで意外と近く、車が見えた時は思わず、助かったと口ずさみました。しかし、相方に言わせるといつもと違う動きをしていたとのことで、ポカリスエットで何とか回復しました。
もともと暑すぎて、午前中に登る予定の山をやめたにも関わらず、夕方とはいえ、猛暑の日のこの時間に登る山ではなかったということです。やはり、低山は早朝に限りますね。

フォトギャラリー

一番向こうが誕生山・・・長いなあ

大矢田神社参道

ここから尾根コースへ

露岩混じりです

登り一辺倒の急な道です

天王山

確かに展望は抜群です

風の吹かない樹林帯

この山は松茸山です

白山でしょう

展望地

白山へ向かいます

白山から急下降

宮川源流地へ行けます

ヘロヘロになってようやく誕生山

噂の展望デッキ

ここから急坂の中部電力保守道

中部電力の案内板です

やっと林道へ

JA施設へ到着しました

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

イオンモール各務原店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部