ご近所ハイキング 浦賀 観音崎周辺を歩く

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
大島
川崎ダイス店 店舗詳細をみる
日程
2021年06月01日 (火)~2021年06月01日 (火)
メンバー
天候
晴れ
コースタイム
京急久里浜駅(45分)燈明堂(20分)浦賀の渡し(40分)観音崎自然博物館(15分)観音崎灯台(50分)走水水源地(30分)京急馬堀海岸駅
コース状況
目的地をしっかりと定めてマイナーなところはしっかりと道順を調べた方がよいと思います。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

三浦アルプスや大楠山、三浦富士など近辺の里山には幾度となく訪れていたのですが
浦賀・久里浜エリアは未だ来たことがなかったので着てみました。

あまり下調べをしていなかったのと時間が4時間ちょっとしかとれなかったので
有名どころ駆け足散歩でしたが 海と緑を感じることができいいリフレッシュになりました。
観音崎自然博物館に併設しているレストランでは美味しいランチも楽しめました。

海にはミズクラゲが大量にわいていましたが海は澄んでいて波も穏やかでとてもキレイでした。
天気がとてもよく少し歩くだけで汗ばむような日でしたが
そんな日に寄りによって帽子を忘れてしまうという失態。

ハイキングを終了するころには少し頭がボーっとする感じが。
忘れて水分を多めにとったり、日陰を選んで歩いたりしていたのですが
ちょっと甘かったようでした。 帽子、大切。

今回の目的地は久里浜大の神天禄大社近くの三角点、燈明堂、浦賀の渡し、
観音崎灯台、走水の湧き水の5か所に決めて 久里浜駅をスタート。
が、いきなり道がわからない。地形図を見ても、グーグルマップを見ても上に上がる道がわからない。
地形図に出ている徒歩道はどれも歩行不可能で…どこからあがったらいいんだ…状態。
時間もないのであきらめて燈明堂へ。こちらは車でも行ける場所なのでわかりやすかったです。
バブル頃の開発予定地を左手に10分程度歩くと燈明堂に到着です。
トイレや駐車場などもあり 砂浜もあり のんびりできそうな場所でした。

戻って車道を歩いて20分ほどで浦賀の渡し・新町側に。
12:00~13:00がお昼休憩で運休となるのですがギリギリセーフ。
滑りこみで対岸へと渡れました。
船がいないときはインターフォンを押すと対岸から迎えに来てくれます。
代金は200円と格安。わずか2,3分ほどの船旅ですが楽しかったです。

東浦賀側の船着場からすぐの商店で地元でとれたトマトを購入して先を急ぎます。
途中、釣り船漁港があったり、古い団地があったりと
いつもと違う風景に楽しみを感じながら歩いていくと右手にビーチが見えてきます。
小さな子連れがサンシェードを張って遊んでいました。
自宅の近くにこんな場所があったら 楽しいだろうなぁと横目に
ビーチの北側を覆うようにかかる橋を渡るとすぐに観音崎自然博物館です。
レストランが併設されていて、観音崎公園の案内マップも手に入ります。

レストラン マリアテにてランチコース(¥2,970-)を頂きました。
アンティパストはマグロのカルパッチョ
きゅうりのソースでいただく仕立てになっていて夏のさわやかな風味を楽しめました。
ちなみにマグロは三崎のマグロを使用とのことでした。

メインは地魚のブイヤベースやジャンボマッシュルームのステーキなど
4種ほどから1品セレクトとなり私は、地魚のブイヤベースをセレクト。
ほろほろっとした鰆とやわらかいサザエがとても美味しくあっという間に皿が空になりました。

デセールは生プリンアイス。
甘すぎず口当たりの良いトロっとしたプリンは卵黄を産み落としていただくスタイル。
(黄色い鶏のシリコン?の入れ物から卵黄を落とします。)生プリンの下にアイスが隠れています。

浦賀水道を行く貨物船や自衛艦を見ながらいただくランチはとても素敵な時間でした。
土日は混むようで予約が必要かもしれません。アラカルトでパスタやピザもあります。
支払いは現金、クレジットカード、メルペイ、d払いなど

ランチを楽しんだら観音崎灯台を目指します。
レストランからわずかでトンネルへ入っていき抜けると海沿いです。
振り返ると今年の元旦に日テレ鉄腕ダッシュで
TOKIOさんが調査した【東京湾要塞 海上聴測所】があるのがわかります。
眼下の海岸を気にして歩いていくと 大きなコンクリの塊が見つかるはずです。
それが旧観音崎灯台の残骸だそうです。関東大震災の際に壊れたものを海に落と新たに灯台を建てたそうです。

海岸から緑の深い階段を上ることわずかで観音崎灯台に。
この灯台は登ることのできる灯台で入り口で協力金を払い入場できます。
今日は、時間がなかったので見送りましたが次回はッ!

観音崎灯台で時間切れ。もう少し観音崎公園を歩き回りたかったのですが急ぎ走水を目指します。
途中、アジサイのきれいな花の広場にだけ寄り、防衛大の敷地横から走水の水源地に。
海岸に隣接する駐車場に給水所があり、ボトルの水を入れ替えて持ち帰りました。

そこからはビーチを経由して京急馬堀海岸駅まで寄り道せずに足早に。
ギリギリ息子を保育園に迎えに行く時間に間に合う電車に乗ることができました。

未舗装の道はほぼありませんが自然を感じることのできる場所も多く
砲台跡など もっとしっかりと調べてくれば見どころはたくさんある場所です。
何回かに分けて 細かく見ても面白いかもしれません。

水分補給は自販機などもあるので容易ですが食事をするところは少ないので注意です。

フォトギャラリー

浦賀の渡し 1乗船200円

久里浜海岸 浦賀水道を越えるととても海がきれいになる…気がする。

燈明堂 かつての灯台。

燈明堂裏は岩混じり。

南側は砂浜に。クラゲがいっぱい漂っていて、浜にも打ち上げられていました。

浦賀の渡し。

お昼休みに注意。

途中の釣り船漁港。

たたら浜。泳いだら気持ちよさそうです。

地魚のブイヤベース(鰆とサザエ)

このトンネルを越えると…

海沿いの道です!

東京湾要塞 海上聴測所

急灯台のガレキ。

緑が深い道を少し登ると

観音崎灯台!

花の広場のある広場。すぐ下に住宅街が。こんな場所が近所だったら子供大はしゃぎしそうだなぁ…

アジサイがとてもきれいに咲いてました。

走水の水場。地元の人が汲みに来ています。

走水海岸を歩いて帰ります。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

川崎ダイス店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部