鈴鹿セブンマウンテン・入道ヶ岳

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2012年03月26日 (月)~2012年03月26日 (月)
メンバー
天候
晴れ時々曇り&雪
コースタイム
北尾根登山口11:25→鉄塔11:55→北尾根避難小屋12:15→宮妻新道分岐13:15→山頂13:25
山頂13:30→井戸ヶ谷ルート分岐13:35→井戸谷避難小屋14:55→二本松ルート分岐15:25→北尾根登山口15:30
コース状況
北尾根ルートは、登山口より急登が続く。
凍結はないが、雪解けでぬかるんだ道でのスリップ注意。
井戸ヶ谷ルートは、急なガレ場が続き、道も細い。
どちらのルートも登山道はテープがあり、番号のふられた標識もある。
難易度
Google Map

より大きな地図で 入道ヶ岳 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

仲良くしてる友人とたまたま休みが合ったので、近場の山に登ろう!っということで登ってきました。
友人3人は標高の低さをなめてかかり、最初の愛宕社への急な石段を登る段階で苦しんでいました。
そこを越えた後も、尾根歩きなので急登は続きました。
が、視界が開けた頃には展望も絶景になり、その後はみんな疲れを忘れて思い思いに写真を撮っていました。
帰りは井戸ヶ谷ルートで下山。
けっこう急な上にガレており、転倒に注意しながらの下山になりました。
山頂は高木が無く、広々としていて眺望は良いです。
四日市市街地や伊勢湾が見え、鎌ヶ岳や御在所などの鈴鹿の主稜線の山並が見れます。
登山中は、防風ジャケットに中厚のベース、パンツも中厚でタイツははきませんでした。
雪解けで道がぬかるんでいる所があるので、スパッツがあると良いと思います。

フォトギャラリー

北尾根登山口。

石段にやられる3人。

この分岐で真っ直ぐいかないようにして下さい。

急登。

両側にベンチのみの簡単な北尾根避難小屋。

また急登。

日の当たる場所で休憩。

かすかに雪あり。

展望が良くなる宮妻新道分岐。

飛ぶ友人と奥に山頂。

広い山頂。

思い思いに写真を撮る。

井戸ヶ谷ルート分岐。

わかりづらいですが、急です。

ガレてます。

遅い昼休憩。

片側にベンチありの小さな井戸谷避難小屋

細い道が続きます。

植林された道。

お疲れ様でした。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部