沢登り 大峰山系 前鬼川本谷 青い水とナメの饗宴♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2013年08月07日 (水)~2013年08月07日 (水)
メンバー
天候
快晴
コースタイム
林道ゲート(20分)黒谷・本谷出合(35分)2段10m滝(70分)垢離取場(60分)2段10m滝(20分)黒谷・本谷出合(15分)林道ゲート
歩行時間:3時間40分 休憩時間:1時間45分 合計時間:5時間25分
コース状況
基本的にフリクションはいいですが時々思わぬ所でヌルっと滑ります。
水温は冷たいです。
危険個所はほとんどないですが、2段10m滝上部の渡渉は足を滑らせると滝に落ち、ただではすみませんので、状況に応じてロープを使った方がよいでしょう。
ヒルは見かけませんでした・・・
が、帰宅後、濡れたウェアを入れていた袋の中に1匹・・・
即、「ヒル下がりのジョニー」君で成仏いただきました。
蛇もいます。
カエルが多いです。
オタマジャクシは死ぬほどいました。

林道ゲート付近に数台駐車できます。
トイレはありません。道中の道の駅ですませておきましょう。
吉野を過ぎるとコンビニもありません。

水遊びが過ぎると体が冷え切ります。帰りの温泉が気持ちいい♪
少し南のスポーツ公園に「きなりの湯」(600円)お湯がつるつるでよかったです。
北方面、上北山道の駅にも温泉があります(500円)
難易度
Google Map

より大きな地図で 前鬼川本谷 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

前鬼の青い水に会いたくて・・・
孔雀又あたりまで遡行するつもりでしたが、あまりにも気持ちよく、道中で遊び過ぎたため垢離取場まで。
ヒルの多い登山道は使わず、そのまま沢を下降して帰りました。

今回は天気にも恵まれ、青い空にどこまでも透き通った青い水。
前鬼ハイライトは120mに及ぶ川幅いっぱいのナメ床。
開けた空間に巨岩達がダイナミックさも感じさせてくれます。

迫力の滝もありながら、沢自体はやさしく、天然のウォータースライダーや美しい釜など・・・
遊びどころも満載です♪
ただし、水温は冷たく、遊び過ぎるととっても寒いです。
そんな時は太陽で焼けた岩に張り付き、天然の岩盤浴を(^^)

フォトギャラリー

青い水とナメの饗宴♪

「不動七重滝」林道の途中で。写真には写っていないですが下の方にも釜や滝が続いています。

黒谷の吊橋は通行止め。橋手前を右に下ります。帰りもこの吊橋が目印。

入渓早々、主がお出迎え。

早速、水に浸かります。冷たい!

迫力の2段10m滝。直前まで姿が見えません。釜の水がとっても綺麗。泳ぐときは水の流れに注意!

滝を越えると広々としたナメ床♪正面には釈迦が岳が見えました!

天然のジャグジー!あわあわ♪

水の中はこんな感じ。

絶好の休憩スポット。大岩の横は天然のウォータースライダー♪遊び過ぎて寒くなったら岩に張り付きます。

何度も遊んでしまいました。

箱状の廊下は左岸がおすすめ。洞穴から吹き出す湧水が流れる様も見所です。

垢離取場到着!今日はここまで。

童心にかえって遊びます。ザックが浮き輪代わり♪

ボルダーに挑戦!

垢離取場から滝谷までは左岸につけられた登山道を利用。しずくの滝を上部から。

虎ロープのトラバース。バランシーな所は下降の方が気を使います。

大量のオタマジャクシ。すべての水の中に居たと言っても過言ではありません。1匹くらい踏んづけてたかも・・・

帰りも遊びます♪

2段10m滝の下降は左岸のロープを使って。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部