山々を眺めに~残雪期 蓼科山~

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
日下部 友哉
横浜西口店 店舗詳細をみる
日程
2014年04月01日 (火)~2014年04月01日 (火)
メンバー
単独
天候
晴れ
コースタイム
女神茶屋(145分)蓼科山山頂(65分)女神茶屋
コース状況
朝方は雪が締まってて歩きやすいが、昼近くなると緩んで踏み抜きやすくなる。
山頂直下は雪と岩のミックスになるので、アイゼンの刃を引っ掛けないように注意。
登り下りともに10本爪以上のアイゼン、ピッケル必須。
難易度
Google Map

より大きな地図で 無題 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

残雪期一発目は山々を眺めに蓼科山へ。
別のルートで秋にもここへ来ましたが、雪があるといっそう美しくなりますね。

佐久市方面から見ると双子山と蓼科山が重なり、その姿をお供え山と言うそうです。

女神茶屋から緩やかに登って行った後に、急登になります。
急登からアイゼン、ピッケル装備。
なかなかの急登ですが、振り返って絶景に癒されながら高度を上げます。
もう車山高原などはかなり雪が減ってました。
そして山頂直下の雪と岩のミックスを越えればすぐ山頂♪
山頂の溶岩は積雪ある方が歩きやすいですね。

山頂からは八ヶ岳、南アルプス、中央アルプス、御嶽山、北アルプス、頚城連山、浅間山などなど。
周りの山々が見渡せました♪また山頂でもほぼ無風で、快適に過ごせました。

下山はアイゼンを効かせて、気をつけて下ります。


ウェアは上下ソフトシェルでも良いくらい。
トップスは薄手ソフトシェルにメリノウールとキャプリーン2の重ね着。
パンツはハードシェルにメリノウールのタイツ。

まだまだ冬山に戻るので冬装備はしっかりと。
バラクラバやゴーグルなど小物も忘れずに。

■気温
登山口(5:40)-3℃/山頂(8:05)0℃

■駐車場
女神茶屋(すずらん峠)
トイレなし

フォトギャラリー

蓼科牧場より

バス停左からスタート

急登が続きます

振り返ると雲海と中央アルプスと御嶽山

縞枯現象

乗鞍岳と霞沢岳

ホント良い天気♪

山頂直下は雪と岩のミックス

あと少しで。。。

山頂到着♪

溶岩のとこは積雪ある方が歩きやすい

右から赤岳、横岳、硫黄岳

南アルプス

中央アルプス

御嶽山

北アルプス

頚城連山

浅間山

蓼科山頂ヒュッテ かなり埋まってます

お手製おにぎり食べて、気をつけて下山します~

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

横浜西口店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部