残雪の燧ヶ岳★今年は雪が多かった~

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2014年05月29日 (木)~2014年05月30日 (金)
メンバー
天候
晴れ
コースタイム
大清水(190分)長蔵小屋(180分)俎ぐら(30分)柴安ぐら(160分)長蔵小屋(160分)大清水
コース状況
長英新道はしっかりと雪がついていますが、気温が高くゆるんでいるのでアイゼンなしで登りも下りも歩けます。
踏み抜き要注意。
俎ぐら手前は岩肌が出ています。雪解け水が流れ滑りやすいです。
俎ぐらから柴安ぐら(燧ヶ岳山頂)は急登、雪が深くピッケル、12本爪アイゼンがあると良いです。
尾瀬沼周辺も雪があり、木道も滑りやすいです。
難易度
Google Map

より大きな地図で hiuchi を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

雪があるうちに燧ヶ岳に登りたい!ということで1泊2日で計画。鳩待峠から入り、見晴新道を行く予定でしたが、雪が多く現在通行止めとのこと。今回は大清水INOUT、長英新道をピストンにしました。
1日目は天候が崩れ雷雨。雷が鳴ったら無理せず小屋や岩陰に逃げ込むのが正しいようですが、私たちは恐がって急いで宿泊予定の長蔵小屋へ向かいました。
雨がおさまったのを見計らい、水芭蕉や尾瀬沼からの燧ヶ岳を見に外へ出ました。燧ヶ岳が夕陽に染まるのが午後6時過ぎ、沼はもやがかかり幻想的です。ここは星空も素晴らしいようです(寝てました)。
早朝4時過ぎに小屋を出て、無理せず俎ぐらまで行って引き返す予定でしたが、雪のついた樹林帯はアイゼンなしでも歩きやすく、ピンクのテープがしっかり巻かれていたので迷うこともなく3時間程で到着。俎ぐらから柴安ぐら間は雪が深く急登、両手をつきながら一歩一歩キックステップで登り下りしました。山頂は風もなく景色を十分に楽しめます。
下山時も雪がゆるいのでアイゼンなしの方が歩きやすいです。
金曜日、週末を尾瀬で楽しむ観光客、登山者で賑わっていました。木道にもまだまだ雪が残り滑りやすいです。観光の方もトレッキングシューズとトレッキングポールをそろえて行くと良さそうです(ゝω・)

フォトギャラリー

戸倉から急に雨が~しょんぼり大清水登山口出発

一ノ瀬休憩所を過ぎ、ここから木道へ入ります

木道が見えないほど雪が!しかし歩けば蒸し暑い…谷浦さんは半袖です

三平峠。ここまで登り。雪道を下ると目の前に尾瀬沼が現れます

鏡燧★悪天候でも美しい

長蔵小屋への道、ここも雪が残り滑りやすいです

今夜のお宿、長蔵小屋。外観はとても古いですが、お風呂もあって快適な小屋

シーズンです。咲きまくりです。

主役はミズバショウ

雷雨がおさまり外に出ると色付いた燧ケ岳と尾瀬沼が。18時過ぎ。

朝日に目覚める燧ケ岳。4時過ぎ3℃、出発です

長英新道、ピンクのテープを追えば大丈夫。見失うと「ここはどこ?」

いい天気♪右手に会津駒、平ヶ岳

振り返ると尾瀬沼、奥には日光の山々が見えます

雪道をがしがし登り俎ぐら登頂。雪なし岩ごろごろ

俎ぐらから柴安ぐらへ。ここでアイゼン装着。両手ついて這いつくばって登りました

燧ケ岳山頂!景色がワンダフォー!

尾瀬ヶ原、至仏山、武尊

そしてまた這いつくばって降りました。お疲れ様でした

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部