長者原から坊ガツルへ ~花とご馳走満喫テント泊~

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
柴田 大助
日程
2014年08月13日 (水)~2014年08月14日 (木)
メンバー
福岡パルコ店・柴田 他一名
天候
☀→☂
コースタイム
1日目
長者原ビジターセンター(100分)雨ヶ池越(70分)坊ガツルテント場
2日目
坊ガツルテント場(40分)鉾立峠(120分)中岳(30分)天狗ヶ城(30分)久住分かれ(30分)扇ヶ鼻分岐(50分)牧ノ戸峠
コース状況
鉾立峠~白口岳への急登はぬかるみが多く、荒天時は滑りやすいので注意が必要。
難易度
Google Map

より大きな地図で 長者原~坊ガツル~牧ノ戸 を表示
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 新商品続々入荷中

感想コメント

前回4月に坊ガツルを訪れて以来、その居心地の良さにすっかり魅了され、次に訪れるときは花と山ごはん(もちろん温泉も)をのんびり満喫したいと思っていました。今回はお盆真っ只中ということもあってか、坊ガツルのテント場は40~50張り程のテントで埋め尽くされ(と言っても坊ガツルテント場はとても広いので窮屈感は全くなし)、子供連れのファミリーが多く、賑やかな雰囲気でした。長者原(ちょうじゃばる)の登山口から坊ガツルまで取り立てて大きな起伏もなく、コースタイムで約2時間弱というお手軽さも人気の一因でしょう。

長者原の登山口を出発したのは丁度正午くらい。歩き始めてすぐにタデ原湿原(たでわらしつげん)の散策路でヒゴタイを発見し、足が止まります。その後もミズヒキ、ヤマアジサイなどが次々と僕の歩みを妨げます。雨ヶ池越に着くと今回楽しみにしていたマツムシソウ、サイヨウシャジンが続いて登場。勿論ここでも足が止まります。結局坊ガツルのテント場に着いたのは午後4時前でした。
まずテントを張り終えると、温泉は食後のお楽しみにしておいて、早速晩ごはんの仕度。メインのパエリアは大きめのフライパンと「尾西の白飯」や、常温保存可能でそのまま使えるアサリの真空パック(スーパーで手に入ります)などを使い、意外と簡単に作れます。ウインナーを焼く時は枝豆などをつまみながら、弱火でじっくり焼と良いでしょう。
2日目の天気予報は良くなかったのですが、朝は思いのほか良く予定どおり鉾立峠経由で中岳・久住山方面に向かいました。鉾立峠から白口岳への登りは、急登のうえ土が滑りやすく時間がかかりました。雨が降るとさらに悪くなりそうです。中岳山頂では三俣山や久住山が時折顔を覗かせましたが、その後天気が急変した為、星生山・久住山には寄らず、牧ノ戸峠までまっすぐ下りました。牧ノ戸~長者原も歩く予定でしたが、雨が強かったので15時30分牧ノ戸峠発のバスで長者原まで戻りました。

帰りの温泉は星生温泉、山恵の湯へ。いろいろな泉質のお湯が楽しめる贅沢な温泉です。

フォトギャラリー

今回のお目当て マツムシソウ

出発地点のタデ原湿原(たでわらしつげん)

九重・阿蘇を代表する草原の花 ヒゴタイ

紅白の小さな花が連なる ミズヒキ

ヤマアジサイ

イソギンチャク?はたまたピエロ? ヤマホトトギスです

花弁の中の脈が特徴 イヨフウロ

雨ヶ池に到着

マツムシソウ&ミツバチ

もう一つのお目当て サイヨウシャジン

線香花火の様な可愛い花 シモツケソウ

坊ガツルテント場へ到着

パリパリウインナーにはビールですね

山でパエリアという贅沢 これ意外とお手軽にできます!

少し硫黄臭のある良いお湯です

坊ガツル 夜明けの月

大好きな日の出前のきれいな時間帯

パンも軽く焼くだけでサクッとおいしく あんこのふんわり感と相性バツグン!

九州本土最高峰・中岳と御池

扇ヶ鼻分岐から牧ノ戸峠へはこんな状態でした

この記事を見た人は次の記事も見ています

おすすめアイテム
  • 好日山荘WebShopお買得商品
  • 新商品続々入荷中