宍粟50名山No.9 千町ヶ峰(兵庫県宍粟市)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
中村 祥吾
グランフロント大阪店 店舗詳細をみる
日程
2015年03月31日 (火)~2015年03月31日 (火)
メンバー
単独
天候
晴れ
コースタイム
こぶしの村キャンプ場(50分)千町ヶ峰山頂(50分)こぶしの村キャンプ場
コース状況
踏み跡、ピンクテープ等々目印は多くあるため迷うことはないと思います。
登山者が少ないためか、道は荒れ気味です。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

宍粟市は一宮町の奥、千町にある千町ヶ峰に登ってきました。

とにかく駐車場へ行くまでが迷いやすいので、道脇の看板を見逃さないようにしましょう。
国道29号線を山崎へ北上します。道の駅いちのみやを通り過ぎ、そのあと県道6号線へと入りますが、買い出しやトイレなどは29号線沿いにあるマックスバリュかコンビニで済ませましょう。
県道に入ると買い物が出来るところはほとんどありません。

県道を北上すると国道429号線に合流します。
一宮町の百千家満(おちやま)集落へ入ったところで右側に千町への看板が見えるので、これを右折。
あとは道なりに峠越えをして、10分ほど走れば右手に鉄橋が見えてくるので、ここが駐車場になります。
こぶしの村キャンプ場は現在営業しておらず、トイレは借りることができませんので注意してください。


登りだしからいきなりの急登です。ゆっくりとペースを上げすぎずに歩きましょう。
ヒノキ、スギの樹林帯の中を黙々と歩きます。
コースタイムは通常90分の往復とのことですが、恐らくそこまではかかりません。

雪もほとんどないため、アイゼンなどは必要ありませんが、登山者が少ないためか道は荒れ気味です。
ソールの硬めの靴と、ストックがあれば安定して登れると思います。

40分ほど急登が終われば、植生が急に変わり、ササとアセビが生い茂る雑木林へと姿を変えます。ここまで来ればあとはのんびりと10分ほど歩けば山頂です。

天気が良ければ瀬戸内海まで見渡せるほどの眺望ですが、今日は花粉や黄砂の影響か、あまり眺望は利きませんでした。

野鳥や山野草も多くあるため、自然観察にももってこいのお山です。

フォトギャラリー

駐車場には登山口の標識があります。

この鉄橋を渡ってスタート。キャンプ場内を行きます。

登って行くとキャンプ場内の東屋が現れます。左に巻いて奥を進みます。

最初は針葉樹林帯。ヒノキとスギの植林地。

炭窯跡。屋根がないとわかりにくいですよね。

30分ほど歩くと残雪が現れます。

分岐には分かりやすい標識が立っています。

尾根に出ると植生が急に変わります。

植林を逃れた自然林でしょうか。

山頂へは左へ。せっかくなので右へ。

池?と疑いたくなるような水溜り。

山頂です。

山頂からの眺望。

その2。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

グランフロント大阪店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部