屋久島3日目 縄文杉 ウィルソン株

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
なみへ~(おとな女子登山部)
池袋西口店 店舗詳細をみる
日程
2016年10月27日 (木)~2016年10月27日 (木)
メンバー
カメラマン K様&ライター O様
おとな女子登山部 くみんちゅ
天候
雨時々晴れ
コースタイム
3日目:新高塚小屋―60分―高塚小屋―5分―縄文杉―75分―ウィルソン株―25分―大株歩道―160分―荒川登山口
コース状況
新高塚小屋:トイレ:携帯トイレブースあり
広く水量も豊富です。
新高塚小屋~大株歩道は雨がふると木の階段が滑ります
特に崩壊などはございません
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

【3日目:新高塚小屋~荒川登山口】
新高塚小屋の朝は本降りの雨から始まった。
起きる時間なのに、雨の音がする・・・目をあけたくない・・・。
みんな起きないからシュラフの中でもじもじ2度寝をキメコム。
もぞもぞとくみんちゅが起きた様子なので、一緒に起きてスープを作る。
ゆっくり朝ごはんをいただきながら外の様子をうかがう。
なかなか明るくならないが雨が弱まったようなので出発する。

屋久島の雨の中の歩きはちょっと蒸し暑く、木道が滑るが苔や緑が生き生きしている!
私が「緑色が好き」になったきっかけもこの屋久島だったなぁ~~
雨が降らなきゃ屋久島じゃない、というくらいに苔のみずみずしさが美しい
森の中の白い靄が千年杉の厳かさをより一層深めているような気がする。
縄文杉もウィルソン株も変わっていなかった。いや…変わっていても私にはわからないけど、、
これからも、変わらないでいてくださいませ。

この森では私もくみんちゅも苔と杉のとりこ。
夢中でカメラのシャッターをきりながら歩く。
木の階段に集中しながら歩いていたらあっという間に大株歩道へ。
大株歩道でトイレをすませ、長いトロッコ道へ入った
トロッコ歩道は少し急ぎ足で、バスの時間に間に合うように黙々とあるく・・・

長いトロッコ道をようやく歩き終え、荒川登山口へ到着。
こちらで、トイレ利用の協力金をお支払いし杉の箸置きをいただきやした^^
し尿はポリタンクに入れ替え、トロッコで運んでいるそうです
ありがとうございます。

2泊3日の縦走を終え、無事尾之間の宿に到着しホットする。
宿の近くの熱めのお湯の尾之間温泉で疲れをいやし美味しい料理をいただいた。

一緒に歩いたカメラマンのK様ライターのO様くみんちゅ♪ありがとうございました^^
私にとって、深い思い出の地屋久島はさらにさらによい思い出に塗り替えられました☆
屋久島アリガトーーーーー!!


【装備について簡単にメモ】
行動中
・ファイントラック スキンメッシュロングスリーブ
・パタゴニア キャプリーンミッドウェイトLSシャツ
・マムート ソフテックトレッカーズパンツ
・ワコール CW-X スタビライクス
・寒いとき バーグハウスフリース
・雨のとき エバーブレス フォトンレインスーツ
・ミレー ゴアテックスレインCAP
ザック:マムートクレアライト38ℓ 
登山靴:スポルティバ トランゴSエボGTX
防寒着
・ミレー ダウンジャケット
・ME ダウンパンツ

避難小屋泊用具
・ファイントラックポリゴンネスト4×3
・ニーモ ゾア エアマット
・予備でシュラフカバー
・ツェルト1~2人用 張り縄+ペグ
・ガスコンロ共同で2個 

そのほか基本装備、エマージェンシーグッズなども・・・
携帯トイレは必ず持っていきましょう!

フォトギャラリー

これが撮りたかった

雨弱まったのに

本降りになったり

高塚小屋は新しく縦長

雨ならではの美しさ

愛し合ってるかい?

木にもクラックが、ジャミングしてみる

この中にはころぼっくるが住んでいるんだよ

縄文爺さんまた会えてうれしい

なんて厳かなんだろう

縄文杉を守っている中年杉(笑)一番いい時期じゃないだろか

自然のままの苔盆栽 

10年前より木道が増えている

ウィルソン株 

中年だとハートが美しくとれないようだ

オオスギゴケ 買うと高い

扇杉の前の杉でアイドルくみんちゅ

トロッコ道まできました。トロッコ発見

小杉谷集落跡、疲れてくみんちゅの様子がおかしい?

長い長いトロッコ道がおわれば荒川登山口

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

池袋西口店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部