東海 花の山⑭ 舟伏山~イワザクラ

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
本田 康之
名古屋栄店 店舗詳細をみる
日程
2017年04月24日 (月)~2017年04月24日 (月)
メンバー
名古屋栄店 本田康之
他1名
天候
晴れ
コースタイム
あいの森駐車場(46分)阿弥陀如来像(37分)小舟伏山(19分)舟伏山(44分)みのわ平(19分)さくら峠(29分)東登山口(2分)あいの森駐車場
コース状況
アプローチ
・公共交通機関はJR(名鉄)岐阜駅から谷合・神崎まで岐阜バスがあり、そこから徒歩(本数は少ない)
・マイカーは国道418号谷合から県道200号を進み、あいの森入口ゲートの標識に従い夏坂林道を終点まで

①あいの森駐車場に無料駐車場が数十台、上部の東登山口方面にトイレがあります
②東・西コース共に上部がトラバースを交えた急なザレたジグザグ道になり、頂上付近はなだらかです
③東コースは前半(さくら峠手前)まで、伐採地を歩き、ややガレガレの道です
④イワザクラは東・西コース共に頂上手前の石灰岩地帯に群生していて、登山道からすぐにわかります
その付近に他にカタクリ・ヒトリシズカ・キランソウ・ヤマルリソウ・イチリンソウ・フデリンドウなどが多い。頂上部にはヤブレガサやバイケソウの葉っぱ・キクザキイチゲが見られます。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

舟伏山(ふなぶせやま・1040m)は、美濃山地の北西部に位置し、山名のとおり舟を伏せた形をした石灰岩質の山塊です。山頂からは南に広大な濃尾平野、北は樹林の合間に能郷白山を正面に素晴らしい眺望が楽しめます。標高600m以上の南面は広葉落葉樹でおおわれ、春の新緑が見事で、石灰岩地特有の生物を含め動植物の種類が豊富です。この山は春のこの時期は準絶滅危惧種イワザクラが見られ、最も賑わいますが、梅雨以降はヒルに注意。山県市では他に相戸岳・釜ヶ谷山と共に山県市名山巡りとして整備しています。
10年ぶりくらいに訪れましたが、東コースが変貌しているのは驚きました。しかしイワザクラの位置は変わっていないし、元気な姿が見れてよかったです。

フォトギャラリー

ヤマザクラ満開!

あいの森駐車場

西コースの最初は沢沿いです

沢を離れると急登

フデリンドウ

舟伏山の稜線が見えてきましたが、まだまだ

ヒトリシズカも見頃です

イワザクラと同じ場所にキバナイカリソウ

小舟伏山~舟伏山はバイケイソウとヤブレガサの群生

開きかけたキクザキイチゲ

もう少しで舟伏山

舟伏山1040m

カタクリもたくさん開花しています

頂上部はゆるやかな台地

東コースのイワザクラ

ザレたトラバースが続きます

みのわ平周辺

さくら峠には淡墨桜が咲いていました

伐採地から舟伏山

東コースの最後は伐採地の下りです

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

名古屋栄店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部