2017年登り納めは六甲山・須磨アルプス

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
山口 英彦
日程
2017年12月30日 (土)~2017年12月30日 (土)
メンバー
営業MD部 山口
天候
晴れ
コースタイム
板宿駅→15分→板宿八幡神社→36分→東山→6分→須磨アルプス馬の背→69分→東須磨駅
■歩行時間:2時間6分
コース状況
須磨アルプス・馬の背から須磨名水の森に下りる谷筋の道はルート不明瞭。
倒木や路肩崩れも多く、初心者のみでの通行は避けたほうがよいです。
難易度
Google Map
  • 好日山荘WebShop
  • 好日山荘WebShopお買得商品

感想コメント

2017年。
今年は仕事が忙しかったり、2人目の子どもが産まれて休日は育児に注力していたこともあり、山に行く回数がかなり減ってしまいました。
ちょっと自由な時間ができた年末。
六甲山へ登り納めに行ってきました。

天気が良く、風もなく、日が当たっていると12月末にしては暖かい一日。
板宿から須磨アルプスを経て、須磨アルプス・馬の背へ。
この須磨アルプス・馬の背は「日本で最も街から近いアルプス」と私は勝手に名づけています。
駅から30分も歩けば、アルプスのような雰囲気を味わえます。

今日はここから「須磨名水の森」へ谷筋の道を下りました。
この道は歩く人も少なく、ルートがかなり不明瞭です。
崖崩れや倒木も多く、何度も道を失いそうになります。
ただ、景色を眺めるだけでなく、このドキドキ感も含めて山を歩く楽しみだと思います。

一年を振り返りながらの忘年登山。
梅の蕾も膨らみはじめ、年末ではありますが春の訪れも感じさせてもらえました。
やっぱり山は楽しい。

フォトギャラリー

日本で街からもっとも近いアルプスである六甲山・須磨アルプス。奇岩が目を楽しませてくれます。

板宿駅の電車型コンビニで飲み物とお菓子を買って出発

板宿八幡神社。初詣の準備をしていました

梅のつぼみが少し膨らんでいます

神戸の街の眺め

須磨アルプス

須磨アルプス・馬の背

馬の背は切り立った断崖。通行は慎重に

風化した花崗岩の造形が美しい

今日は馬の背から須磨名水の森に向けて谷沿いを下ります

なかなかスリルのある道です

なかなかスリルのある道です

倒木も多いです

ちょっと怖い橋もあります

途中何度か道を失いそうになります。赤いテープを見失わないように

ちょっとした渓谷もあります

あれ?トンネル?

壊れた砂防ダムでした

「須磨名水の森」に下りてきます

須磨離宮公園の入口の椿がきれいでした

この記事を見た人は次の記事も見ています

あなたへのおすすめ

おすすめアイテム
  • 好日山荘WebShop
  • 好日山荘WebShopお買得商品