【登山学校実技講座】 ふたご座流星群とご来光!/宝満山  レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2018年12月15日 (土)~2018年12月16日 (日)
メンバー
天候
1日目 晴れ 2日目 雨
コースタイム
1日目 竈門神社(120分)中宮跡(30分)キャンプセンター(15分)山頂
2日目 キャンプセンター(120分)竈門神社
コース状況
正面登山道はほぼ石段を上がって行きます。
段差が均等ではないので 重い荷物を持つ場合はストックが役に立ちます。
ゆっくり足元を確認しながら登りましょう。

百段ガンギのほうが歩きやすい気がします。
たくさんの方が登る人気のある山です。
すれ違いは譲り合って進みましょう。

キャンプセンターから宝満山山頂へは、鎖場があります。
慎重に登って、下りも注意して通過してください。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

ふたご座流星群がやってくる12月に小屋泊もして一晩山で過ごしました。
寝袋、マットその他が入った重い荷物を持つのは初めて!という方がほとんど。
小屋泊ではなくテント泊に挑戦する方も一人!

さあ、荷物をしっかりパッキングして、出発です。
すれ違う方に「泊り?いいね!」なんて言われると少し嬉しくなります。
「今日は天神並みに、小屋は多いよ。」
という情報も。次の日が雨予報だったのでそんなにいないだろうと思っていたのですが、
20名ほど泊まっていたと思います。
(年にこんなにたくさんになる事はあまりないそうです。)

キャンプセンターへ着き、次の日のご来光は期待できないので、夕日を楽しみに山頂へ向かいました。
今日の核心、鎖場も無事通過し山頂へ。
ちょうど沈もうとしている夕日に間に合いました。きれいでした。

戻ってお腹はペコペコ。お待ちかねのキムチ鍋。
アツアツをいただき、話も弾みました。
お腹を満たした後は、しっかり着込んで外へ。
流星群を見に出ました。2つ見る事ができました。
 
小屋泊ですが、夜は冷えました。
初めてシュラフを使った感想は、ちょっと寒かった、イビキが…。などなど。
次への課題ができましたね。

2日目へ朝から曇り空。早めに支度をして下山開始。
岩の階段なので滑らないように慎重に歩きました。

雨は、小雨位だったので歩きやすかったです。
次回は、テント泊へ挑戦したい!という方もいらっしゃいました。

ご参加ありがとうございました。
またのご参加お待ちしております。

フォトギャラリー

宝満山山頂で夕日を楽しむ。

さあ、今日は宝満山へ。小屋泊です。

まずは竈門神社で安全祈願。

さあ、ザックをしっかり担いで出発です。

やっと2合目。まだまだー。

ちょっと休憩。

景色が見えますね。

絶景。

中宮跡。もうすぐ今日の目的地です。ファイト!!

着きました。テント場も賑わってますね。

ヤッタ―!!到着。

テント泊、1名様挑戦です。

我々は今日は奥に見える小屋に泊まります。

夕日を見に山頂へ。慎重に行きます。

きれいな夕日が楽しめました。

お腹もすきました。キムチ鍋は温かくて美味しかったですね。

小屋の中はたくさんの人で賑わっています。

朝。くもり空ですが、外で朝食。

レインを着て下山開始。

無事下山しました!お疲れ様でした。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部