八ヶ岳ジョウゴ沢 ナイアガラの滝でアイスクライミング

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
つじまい(おとな女子登山部)
なんば店 店舗詳細をみる
日程
2019年02月25日 (月)~2019年02月25日 (月)
メンバー
つじまい
GR岸和田 石田さん
天候
晴れ
コースタイム
赤岳山荘→(120)→赤岳鉱泉→(15)→ジョウゴ沢F1→(100)→ナイアガラの滝→(90)→稜線→(50)→赤岳鉱泉
コース状況
赤岳鉱泉までのアプローチはツルツルの氷の上を歩くため、アイゼン必要。
チェーンアイゼンがあると軽くて歩きやすいのでオススメ。

ナイアガラの滝 スクリュー4本使用 登ると左壁に残置支点あり。
Google Map

感想コメント

1泊2日で八ヶ岳に行ってきました。
ちょうど1月前に行ってるのですが、あまりの雪の少なさに驚きを隠せない・・。
赤岳鉱泉の小屋番の友人曰く、4月かGWのようだそうです。
雪は少ないですが、氷はどうなっているのでしょうか?

テントを張り、お昼を食べてから、12時半頃にジョウゴ沢に向かいました。
F1は、前回よりだいぶ氷が溶けてしまっていました。
わたしのような初心者でもフリーソロで登ることができるくらいです。
続けて、F2へ。こちらも氷結はかなり甘そうでした。
先客の方がいらっしゃったので、お目当ての「ナイアガラの滝」を登るため、F2は巻きました。

大きく巻きすぎてしまったようで、F3の上に出ました。

とてもひらけて明るくなりました。いい天気だし、アイスピクニックの気分です。
しばらく登っていくと、ゴルジュの先にバーチカルな滝が出現しました。
「乙女の滝」のようです。
これは・・・登れるか・・・登れないか・・
審議した結果、お互い自信がないのであきらめました。

乙女の滝から左手に進むと、ありました!!
「ナイアガラの滝」
幅がかなりありますが、高さは10mほどと短く、これなら行けるんじゃないかと
挑戦することにしました。
リードは、石田氏にお願いしました。
アイス経験は、私より少なく、スクリューを使うのは二度目の石田氏。
一番易しそうな右はじのラインを登ることにしましたが、出だしの4mが垂直で苦戦。
クライミングでこれほど余裕の無い彼を見たことがない・・

なんとかノーテンで登りきった石田氏に拍手!すごい!
私はというと、フォローなのにアックステンションをかけながらスクリュー回収、という
情けない登りとなりました。

このまま沢を詰めて、稜線まで上がってみようということになりましたが、
雪が少なすぎて落石がこわいし、急登でヘロヘロになりながらなんとか稜線へ。

日が沈む前の美しい景色にとても癒されました。
翌日は、中山尾根へ!

フォトギャラリー

ロック&アイス

固まる鹿たち

稜線に雪が・・無い

とりあえずティータイム

F1、前回と様子が違う

F2は先客がいました。

前回登った阿弥陀がきれい

雪が・・・ない

フリーでぬけていけます

乙女の滝は手が出せず

ナイアガラの滝

ガンバです

抜けました

ビレイ点より

稜線まで、あと少し

赤岩の頭方面

硫黄方面

赤岳方面

北アルプスも

大同心がやけてる

この記事を見た人は次の記事も見ています

あなたへのおすすめ

おすすめアイテム