千仏ロック!カルスト台地にある穴場岩場 平尾台

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
細内 勇輔
アイム小倉店 店舗詳細をみる
日程
2020年03月15日 (日)~2020年03月15日 (日)
メンバー
Lさん、ママ&Hちゃん、Oさん、Mちゃん、Sくん、Yちゃん、ハッシー
天候
晴れのち雨
コースタイム
平尾台自然観察センター駐車場(30分)→千仏ロック
コース状況
前日朝の雨で岩場は浸み出していました。日本100岩場(山と渓谷社)に記載のあるルートの1/4ほどは登れない状態でした。乾きはあまりよくない岩場のようです。
アプローチは二通り。千仏鍾乳洞駐車場からは15分程度、平尾台自然観察センター駐車場からは30分ほどで着きます。今回は後者からアプローチしました。
どちらも少々迷う可能性ありです。初めて行く方はフィックスロープなどを頼りにしてください。
アプローチで道幅が狭いところや渡渉する箇所があるのでアプローチシューズなど、ある程度のフリクションのある靴で向かってください。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

メンバーと外岩に行こうと半年前から計画しつつ、雨天により流れに流れてようやっと念願のクライミングでした。

5.11~5.12台に好ルートが集中していますが、5.9や5.10台の課題もあるので初級者でも楽しむことができます。
浸み出しのために見栄えのするルートは触ることができませんでしたが、無星の課題もおもしろく珍しい石灰岩でのクライミングを満喫しました。

『ビックトゥモロウ』 5.9

出だしは階段状、そのすぐ後に石灰岩特有(?)のホールドがありそうでない感じが出てきます。そこが面白かったです。





『どぎゃんでんよか』 5.10a

筑豊地方の訛りで「どうでもいいよ」という意味だそうで、『登れなくてもどうでもいいよ』などと冗談を言いながらMOSで挑むも失敗・・・ワンテンで登りました。思えばマスターで登ったのは高所恐怖症にかかった二子山の悪魔のエチュード以来。情けないクライミングながらもトップアウトできただけ良しということで・・・。
ガバ手ながらもスタンスを探していたりヌンカケにモタモタしていたらヨレ落ちしました。いつかマスターでリベンジしたいです。見た目よりもかぶっている箇所があり、おもしろかったです。





『お不動さん』 5.11b

前述のビックトゥモロウとスタートは同じでひとつ右のルートを直上する課題です。
下から見るからにホールドがなく、触るとやっぱりホールドがなかったです笑
顕著なホールドを見つけられなかったのですが、あるのかも。
トップロープかつエイドで核心部と思われるところを触らせてもらいましたが、無呼吸でないと体勢を維持できないほど自分には難しかったです笑





カメラ講座があったり、初めて外岩でのリードクライミングに立ち会ったり、大変貴重な経験をさせていただきました。もっと強くならねばと思った一日でした。

フォトギャラリー

とりあえず景色を眺める筆者

アプローチはここから。

野焼き後の平尾台は不気味・・・

渡渉ポイント

本日のクライミングの無事を祈って。

準備OK

天気が良く気もちいいのでのんびり♪

MOSでビックトゥモロウを登るL氏。かっこいい!

どぎゃんでんよかMOS中の筆者。なめてました。

登りなおしてRP

小さくてもクライマー。その体力が裏ましい笑

ビレイめがねでたくさん遊んだね☆

小さくてもクライマー2。自分でダブルエイトノットができる!

名物・シャーク。触ってみたかった。

お不動さんMOSトライ中のL氏。よくあそこまでいけるなぁ~

下からのガヤにも負けず!

元一流カメラセールスマンによるカメラ講座。わかりやすかったです!

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

アイム小倉店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部