南八ヶ岳 中山尾根(長野県)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2011年12月26日 (月)~2011年12月27日 (火)
メンバー
天候
晴れ
コースタイム
8:00赤岳鉱泉~8:20中山乗越~中山尾根~地蔵尾根~16:00行者小屋~赤岳鉱泉
コース状況
乾燥した雪、中山乗越からはトレースあり
難易度
Google Map

より大きな地図で 中山尾根 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

南八ヶ岳の中山尾根に行ってきました。

中山乗越から約45分程樹林帯を詰めると目の前に下部岩壁が現れます。
下部岩壁手前の細いリッジが雪の状態によってはちょっと怖い。
下部岩壁を越えるとしばらく岩混じりの雪稜登りが約3ピッチ。灌木で支点が取れます。

ここまで登ると阿弥陀岳や大同心、小同心、麓の町など素晴らしい景色!

上部岩壁は凹角の左右の壁に足を突っ張って、抜け口の突起状のホールドを掴めれば核心部は越えられます。
最後は岩と雪の斜面を2ピッチ程登り、日ノ岳直下をトラバースして縦走路に出て終了です。
下降は地蔵尾根を使いました。

ちなみに今回履いたスカルパのファントムガイド、とても暖かいです。
暖かいだけでなく、内側の靴紐が足を包み込むようによく締まるので、中で足がブレません。

雪山生活で活躍したのが、SEA TO SAMMITのX-CUP。
熱い飲み物を入れても、外側まで熱さが伝わりにくいので持ちやすく、
内側にメモリが付いているので、軽量カップとしても使えます。
使わない時は小さく収納して、他の食器の中に納まるので使い勝手が良かったです。

フォトギャラリー

中山乗越から入ります

この細いリッジが怖い

下部岩壁を抜けたところ

中間の雪稜

阿弥陀岳は風が強そう

突起状のホールドに手が届けば核心は終わり

最後はトラバースして終了です!

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部