六甲全山縦走 42km (兵庫県)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
唐嶋章弘
コマーシャルモール博多店 店舗詳細をみる
日程
2021年12月09日 (木)~2021年12月09日 (木)
メンバー
天候
コースタイム
7:45スタート
17:26 宝塚駅
計9時間41分(休憩含む)



7:45 須磨浦公園駅
7:55 鉢伏山
7:58 旗振山
8:08 鉄拐山
8:15 高倉山
8:29 栂尾山
8:38 横尾山
8:50 東山
9:36 高取山西峰
9:47 高取山
10:21 鴨越駅
10:56 菊水山
11:34 鍋蓋山
11:48 再度山
13:08 摩耶山
13:10 掬星台
13:26 摩耶別山
15:13 六甲山
17:26 宝塚駅
コース状況
日が長くなり、暑すぎない春から初夏がお勧めです。

六甲山からの下りは東面ということもあって、暗くなるのが早く、
ヘッドランプがギリギリ必要ないくらいでした。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

春にトライしようと思っていた六甲山全山。
叶わず、春は本県で阿蘇外輪山のトレランを楽しみました。

今回は、温めていた六甲全山縦走。
計画段階でいろいろ調べましたが、40km超えの道のりは
情報量を処理しきれず。ある程度情報入れての出発。
56kmなどの情報がありましたが、以前の測量でしょうか?
実際に走った記録は42kmでした。

トライされる方は、
間違えても引き返せる体力をつける
区間に分けて下見をする
ことをお勧めします。

この縦走路の好きだった区間は
①JR須磨駅から降りた景色(本来は、山陽電鉄の須磨浦公園駅のスタートですが、
ここが好きなので、ここから歩いてスタート地点まで行きました。)
②栂尾山への階段 (見上げるほどの階段です)
③須磨アルプス (日本離れした景観です)
④高取山付近の紅葉と猫 (神社があります)
⑤摩耶山頂 (神戸の街が見下ろせます)
⑥六甲山頂からの下り (アップダウンは少々ありますが、下り基調なので元気があれば走りやすいです。)

逆に苦手だった区間は
摩耶山から六甲山です。
たった200mの標高差ですが、
だらだらとロードが足にきます。
ゴルフ場の横を歩くので、余裕があれば素晴らしい風景ですが
早く終わらないかなぁ。とばかり独りぶつぶつ歩きました。


南阿蘇外輪山の、なだらかな牧草地帯の風景も好きですが、
六甲山山縦走の
神戸の街を眺め、時に街におりながら、
山の人と街の人がすれ違う異様な空気感
も好きになった縦走でした。


成功の要因として、
どの部分がきつい、景色がいい。などのハイライトをあらかじめチェックしておく。
「辛い部分は我慢して登り、ハイライト部分でしっかり休憩、ゆっくり歩く」
など、メリハリをつけて歩くことで、ただ走って歩く山行ではなく、楽しむ山行にできました。

また、後半にかけてきつくなる(勾配や、ロード区間、足にくる長い下りなど様々含めて)
ということは認知していたので、
前半は、過剰なくらいに足の負担を減らして歩きました。ストックを使うなど。(特に3/1にあたる菊水山までは)
そうすることで、後半、スピードを落とさず、ぐいぐい進めました。


今回は、
スキンメッシュ
メリノ200のシャツ
ウインドシェル
夏の薄手のパンツ
水 計1.5L

フリースとダウンは、持って行きましたが、使わず。
日の出ている間は使用しないような陽気でした。

随所に自販機があるので、水分補給には困らず。
500mlを持って行き、
なくなったら都度購入する形をとりました。

コンビニが少なく。思いのほか、食料補給が難しかったので、
食料に関しては、最低限自分の必要なものが必要だと思いました。

フォトギャラリー

日の出とともにスタート

ここは慎重に

張り紙が随所にあります。

ここは走らずに。

紅葉。

紅葉

足がすすみません。

自販機もあったので、

補給。

摩耶山からの眺め

ロケスタッフがいたので撮ってもらいました

最後は藪もありの

宝塚。長かった。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

コマーシャルモール博多店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部