秋のお花畑・ハマイバ丸(山梨県:小金沢連嶺)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
新井 康之
瑞穂店 店舗詳細をみる
日程
2022年09月28日 (水)~
メンバー
瑞穂店 新井
天候
ガス・晴れ
コースタイム
湯ノ沢峠~40~大蔵高丸~40~ハマイバ丸
~30~大蔵高丸~30~湯ノ沢峠

歩行距離5.34km
累積登高241m
入山8:30~下山12:00
コース状況
登山道には危険箇所等なし
県道から湯ノ沢峠へのアプローチ道
は、幅員狭く舗装も荒れ気味
峠手前2kmからは未舗装で、普通車は
運転要注意です。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

個人的に関東近郊でお花の山として
挙げるとすれば上位にくるであろう
お山が、【ハマイバ丸】
奥秩父の山々の最も南端に位置する
小金沢連嶺の中程にある標高1752m
のお山です。
今回の入山口の湯ノ沢峠ですでに、
標高が1652m。
高低差わずか100mの身体に優しい
お花見ハイキングです。

なんとも奇妙な名前のお山ですが、
漢字で書くと【破魔射場丸】。
大月側の真木集落で神事の矢を射る
神聖な場所だったとの事。
言われてみれば、山頂のあたりには
何とも言い難いパワーを感じるよう
な気がします。

今回は秋のお花を愛でに訪れました
が、春・夏も季節ごとの可憐なお花
たちに出会えるフィールドです。

最短のアプローチが今回の湯ノ沢峠
から往復ですが、林道焼山沢真木線
は普通の乗用車では相当慎重に運転
しないと、下まわりを破損させてし
まいそうな悪路です。
往復で一時間の林道歩きで済みます
ので、林道入口に停めて歩いたほう
がよいと思います。

そんな難アプローチと知名度の低さ
と植生の保護活動によって、いまだ
にこのフィールドは保全されている
といえるでしょう。

これはどこのお山でも言える事では
ありますが、ハイカーひとり一人が
節度をもってお山で遊ばせてもらわ
ないとなあ、と感じました。

フォトギャラリー

ガスの切れ間に振り返ると、黒岳の雄姿が、、

なだらかな草原を歩いていると、、

アキノキリンソウや、

ウスユキソウ、

ウメバチソウに、

マツムシソウ、

ヤマハハコ、

ヤマラッキョウに、

カイフウロ、

リンドウや、

イタドリなど、、

気持ちの良い林をひと登りで、、

ハマイバ丸へ、、ガスがかかって神秘的でした。。

林の中には、トリカブトや、

アマドコロ、

オオバギボウシも結実していました。

ワレモコウや、

オオヤマボクチや、

シモツケも。。

お腹いっぱいで、癒されました~

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

瑞穂店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部