双六~三俣蓮華~槍ヶ岳 2012年は紅葉大当たり!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
杉浦 恵理
ららぽーとTOKYO-BAY店 店舗詳細をみる
日程
2012年10月04日 (木)~2012年10月06日 (土)
メンバー
さいか屋川崎店 杉浦
天候
初日:曇り時々晴れ時々雨、2日目:晴れ、最終日:曇り
コースタイム
初日:新穂高温泉→(70分)→わさび平小屋→(190分)→鏡平→(60分)→弓折乗越→(70分)→双六小屋 計6時間30分
2日目:双六小屋→(90分)→三俣蓮華岳→(70分)→双六岳→(40分)→双六小屋→(30分)→樅沢岳→(130分)→千丈乗越→(70分)→槍ヶ岳山荘→(20分)→槍ヶ岳→(20分)→槍ヶ岳山荘 計7時間50分
最終日:槍ヶ岳山荘→(60分)→天狗原分岐→(20分)→天狗池→(20分)→天狗原分岐→(60分)→槍沢ロッヂ→(60分)→横尾→(40分)→徳澤→(40分)→明神→(30分)→上高地 計5時間30分
コース状況
新穂高温泉からわさび平小屋の少し先までは整備された林道が続く。小池新道はゴロゴロとした沢の石の上を歩く。双六小屋まで特に危険な場所は無い。
双六小屋から三俣蓮華岳までの巻道は霧が出ていると迷いやすい箇所がいくつかあるので、岩のペンキマークやケルンを見逃さないように注意する。途中で沢に下るような道があるので不安になるが、地形図で確認すれば問題ない。
西鎌尾根は、東鎌尾根に比べれば歩きやすい道。ごくまれに出てくる細い尾根やトラバース道は用心して歩く。千丈乗越から先はガレ場の急登なので落石に注意。
難易度
Google Map

より大きな地図で 無題 を表示
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

2012年は紅葉の当たり年とのこと。
世間の3連休前に訪れたのでのんびりと秋の山を楽しむことができた。
登山客のほとんどが一眼レフを構えた写真上級者という印象が強い。
二日目はさわやかな秋空で、槍ヶ岳山頂からは絶景を望むことができた。
実は早起きして三俣蓮華岳と双六岳まで足を延ばしたのだが、昨夜からの雲が晴れず、というか雨も降りだす始末で全く展望が楽しめなかった。双六小屋に戻る直前に青空が現れた。
登ったことのある山が年々増えてくるので、高い山から周囲を見渡して『○○山が見える!その隣は△△山。来年行ってみたいなー。』なんて。
どこに目を向けても赤や黄色の美しい紅葉が見られ、最高に素敵な3日間を過ごすことができた。

フォトギャラリー

紅葉と槍ヶ岳

新穂高温泉は初めてです。意外と標高が低い。。。

山肌が色づいてきた。青空と緑と黄色のコントラストがきれい!

錦の中を歩く。

冷えた体に柚子しょうが湯。温まります。

弓折乗越を越えて、尾根歩きスタート!

鷲羽岳と記念撮影!

せっかく早起きして行ったのに展望ゼロ。来季にリベンジしなきゃ!

晴れていれば目の前は槍ヶ岳!のはずなんですが(涙)

千丈乗越までは楽しい尾根歩きが続く。この先は相当辛い!!10分歩いて座り込む、を繰り返した。

槍ヶ岳山頂にて。北部北アルプスの山々。

槍ヶ岳山頂から見た表銀座方面。

ナナカマドのトンネル。贅沢だ!

空と水面がやや残念。紅葉はきれいだけどね!

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

ららぽーとTOKYO-BAY店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部