比良山系(堂満岳~コヤマノ岳~釈迦岳)

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2012年11月16日 (金)~2012年11月16日 (金)
メンバー
天候
晴れ、時々曇り
コースタイム
イン谷口-(30分)-ノタノホリ-(75分)-堂満岳-(35分)-金糞峠-(50分)-
コヤマノ岳-(25分)-八雲ヒュッテ跡-(10分)-比良ロッヂ跡-(30分)-釈迦岳-
(10分)-神爾谷コース分岐-(80分)-イン谷口
コース状況
濡れた落ち葉が積み重なった斜面は滑りやすく、注意を要します。雪が積もっていたのは、1000m付近より上部だけで、深い所でも20cm程度だと思われますが、当日は天気が良く、ぐちゃぐちゃの雪だったので、スパッツなどがあると、足首から靴への雪の侵入を防げるでしょう。
難易度
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

景色も綺麗で、森も静かで美しい。晩秋の武奈ヶ岳付近もいいものでした。冬も、標高の割には雪が多く積もるので、雪山入門には向いている山だそうです。しっかりと準備をした上で、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?僕も、冬になったらまた来たいと思います。

フォトギャラリー

イン谷口から堂満岳を目指して出発します。まずは比良駅方面へ。

道、やけに細くないですか?

ノタノホリ。比良山系で一番大きな沼だそうです。

堂満岳へと続く緩やかな斜面。踏み跡が少し分かりにくかったです。ちらほら雪も。

堂満岳山頂。

山頂から琵琶湖が綺麗に見えます。

比良山系の主峰、武奈ヶ岳。前日の寒気の影響で、この一帯、今シーズン初冠雪だそうな。

花崗岩の岩肌。

金糞峠。各方面から登山道が交差する、交通の要所です。

コヤマノ岳への緩やかな登り。ほどよく雪も積もり、あ~気持ちィ!

コヤマノ岳山頂。木々が葉を落とし、ここからの展望も結構いいです。

武奈ヶ岳の山名の由来にもなった、立派なブナの木。風も心地良く、あ~気持ちィ!2

武奈ヶ岳山頂を仰ぎ見る。何人か見えますね。

スキー場跡と思われる斜面を下ります。

武奈ヶ岳の名所の一つ、八雲ヶ原に到着です。金糞峠方面にもう少し歩くと、静かな湿原が広がっています。

本日の目的の最後のピーク、釈迦岳が見えてきました。

琵琶湖の向こうには、同じく今シーズン初冠雪した伊吹山。

釈迦岳山頂。だいぶ風が冷たくなってきました。

大津ワンゲル道で下山します。案内にもありましたが、結構急で、痩せた尾根道が続きます。

下の方はまだ紅葉も綺麗でした。このあと、無事下山を迎えます。お疲れ様でした。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部