残雪期 白馬岳主稜

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
好日山荘スタッフ
日程
2013年05月09日 (木)~2013年05月10日 (金)
メンバー
天候
晴れ
コースタイム
5/9 猿倉(70分)白馬尻(330分)Ⅳ峰付近(幕営)
5/10 Ⅳ峰付近(75分)白馬岳頂上(90分)白馬尻(50分)猿倉
コース状況
G.W後なので、Ⅷ峰から頂上まで踏み後あり。Ⅷ峰取りつき箇所によっては踏み跡なし。Ⅶ峰にでるまで、斜面に小シュルントあり。
大雪渓を下降。5/10は気温高めの為、午前中からすでにザクザクの為、ひざ下までもぐる。
 バケツ状のトレースができていましたが、歩幅が人によって違うので、バランスを保ちつつ確実な
アイゼン・ピッケルワークが必要です。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

 積雪期にしかいけない、白馬岳主稜に行ってきました。頂上につきあげるバリエーションルート
として前から行ってみたかったルートです。
 日帰りでいくか、稜線1泊でいくか迷いましたが、高度感あふれる稜線での幕営をみんなに、
味わってもらいたかったので、1泊2日の余裕のある行程にしました。
 さすがに、幕営装備と登攀具を背負っての行程はしんどいですが、登り終えた時の充実感は格別です。
 重い荷物を背負って、ナイフリッジを通過していくのは、神経をすり減らしますが、高度感はパンチが効いています。
 風もほとんどなく、天気に恵まれ幕営地から見た白馬村の夜景は綺麗でした。

ちなみに、雪壁・スタンディングアックスビレイ用に今回ピッケルを2本もって行きました。
50~60㎝までのベントシャフトのピッケルもしくはバイル・アックスが便利です。
ビレイ用にはピッケルタイプのものがオススメです。

フォトギャラリー

緊張感たっぷり!

白馬尻に向かいます

準備中

Ⅷ峰に取りつきます

急登でペースがあがりません

白馬尻

ようやく全容がみえてきた

ここからナイフリッジが続きます

続きますなぁー

ヒイヒイいながら着いた幕営地

あと少しで頂上。楽しみは明日に。

朝の準備中

速い小山田・松林ペア

振り返ると歩いてきた稜線が

頂上まで、あと少し!

頂上からⅡ峰

剣もバッチリ

ある意味核心、大雪渓。そそくさ下ります

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部