奥多摩 北秋川シンナソー~ショートな沢で沢遊び☆~

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
大島 幸
浦和パルコ店 店舗詳細をみる
日程
2015年08月24日 (月)~2015年08月24日 (月)
メンバー
単独
天候
くもり
コースタイム
藤倉バス停(5分)シンナソー出合(10分)三段10m滝(30分)三段15m滝(30分)二俣(15分)脱渓点(5分)浅間尾根(20分)人里峠(25分)浅間嶺展望台(65分)時坂峠(30分)払沢の滝(10分)払沢の滝バス停
コース状況
アクセス:武蔵五日市発藤倉行きは7時台の次は10時になる。かといって駐車場があるわけではないので車も使いづらい。
シンナソー:快適に登れる小滝が多い。水量は少ないので暑い日には向かない
浅間嶺:明瞭。道標も随所に
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

天気に騙されて行きそびれていた久々の沢にようやく出掛けられました(*´∇`*)
直前に友人の都合が悪くなってしまったので
一人でも難なく遊べる沢『北秋川シンナソー』に行ってきました!

一番大きな滝でも15m。後は3から5mくらいの小滝がいくつもかかる優しい沢で
水量が少ないので暑い日には向かない沢です。

2段6mは階段状なので容易に越えていき
確信の3段10mに到着。中段が悪そうだったので気を引き締めて登ると
やっぱり中段が少し注意が必要だった。
見た目では3段15m滝が一番厄介そうなのですが実は登ってみるとそんなことはないそうな。
今日は単独なので本能に従い、右から巻きましたがグズっているので注意です。

15m滝を越えると倒木も増えてきて少しウザったくなってきますが
通れない場所無ないので間を縫っていきましょう。
倒木や崩落がなければ滑になっていそうな場所を過ぎると二俣です。

左俣に入ってき、また二俣 そこも左。そうすると傾斜も緩んで尾根に乗りやすくなり
数分で藤倉からの登山道に出ます。地形図上で平らになっている辺りにでるでしょう。

装備を解き今日はバス代節約のために払沢の滝まで歩きます。
道は明稜で道標も細かくあるので迷うことは基本的にないでしょう。
浅間嶺への登山道はいくつかつけられているので体力や予定で下山地を選択しやすいのもいいですね!

ちなみに藤倉線はバスの便が少ないので数馬線に出てしまうので帰宅は楽です。

沢の単独は沢歩きの様な所でもやはり緊張しますね。
でもちょうど良い緊張感で満足度も得られます。
本能的に『あかん』と思ったら無理はせず巻く。退く。
臆病なくらい慎重に が単独の鉄則だと私は思います。


今日思ったこと
ファイントラックのフラッドラッシュタイツは履いた方がいい。
水の冷たさが全然違う。

フォトギャラリー

帰りに寄った払沢の滝

藤倉バス停 バスの便は少ない

この先カーブ部分から。東京沢120にある廃屋はない。

シンナソーの出合

細いわ!

3m滝

5m滝

15m滝

登山道に出ました

人里峠

浅間嶺の休憩舎。トイレもあります。

展望地。浅間嶺の山頂は西のピーク。

時坂峠

払沢の滝。昔は完全氷結もしたそうな

バス停です。トイレあります。

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

浦和パルコ店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

  • スタートナビ
  • おとな女子登山部