六甲山水晶谷

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者
中村 祥吾
グランフロント大阪店 店舗詳細をみる
日程
2018年05月08日 (火)~2018年05月08日 (火)
メンバー
グランフロント大阪店:中村
その他1名
天候
曇りのち雨
コースタイム
JR住吉駅(バス15分)登山口(10分)石切登山道分岐(30分)西滝ヶ谷入渓地点(40分)水晶谷(60分)水晶大滝(45分)六甲ガーデンテラス(100分)
コース状況
ハイカットシューズ必須です。
通常のルートではないため、地図・コンパスはもちろんGPSも準備した方が良いでしょう。
沢筋を歩き、携帯電話の電波も入らないため、十分すぎる準備をしていってください。
難易度
Google Map
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部

感想コメント

六甲山系でも非常に悪いと有名な水晶谷へ行ってきました。

アプローチはJR住吉駅からバスに乗って、エクセル住吉台まで210円で行けます。
そこからまずは石切道登山口まで進みます。分岐に出たら、五助ダム方面へ針路を取り、地図を確認しながら西滝ヶ谷を左に認めたら下って沢筋に出、そこから水晶谷へ詰めていきます。

前日の雨もあり、水量はやや多めでした。水晶谷出合までは大きな危険箇所はありませんが、何回も渡渉があるため非常に滑りやすく充分に注意しましょう。堰堤もどんどん出てきますので、道に迷わないよう越えていきます。
水晶谷合流以降はさらに悪くなります。ほぼ真上への登りや、堰堤の乗り越え等非常にタフなコースで、初心者はもちろん、単独での山行は控えましょう。

ハイライトである水晶大滝は右岸を詰めて乗っ越し、ひたすら高度を上げて石切道との合流地点まで上がります。合流後は石切道を通って六甲ガーデンテラスにて小休止。
帰りは五助道を通って阪急御影駅まで下山しました。

以前行った大月地獄谷ほどではないですが、一般ルートではないため、GPSやヘルメット、ツェルト、ロープなどビバークや撤退ができる準備を完璧にしてから行くようにしてください。
道も不明瞭で、目印も少ないため見落としをすると即遭難に繋がります。危険を感じたらすぐに撤退するようにしてください。

フォトギャラリー

ここからスタート

入渓地点までは一般登山道

この先の左手が入渓口

堰堤をたくさん越えます

ほぼ直上

藪漕ぎも多いです

堰堤の真横を上がります

六甲は深い

大滝は右岸を詰めます

このザレ場を上がってしばらくすると石切道に合流です

この記事を見た人は次の記事も見ています

アクセスランキング

グランフロント大阪店 - 登山レポート

同難易度の登山レポート

おすすめアイテム
  • スタートナビ
  • おとな女子登山部